TIAM

kids fashion magazine

Feature

Photo studios for kids,
recommended by TIAM

TIAMがセレクトした写真スタジオをご紹介します

一度しかないその瞬間をファインダー越しに切り取って写真に残す。
数ある写真スタジオの中で、人とはちょっと違ったオリジナリティーのある写真が撮りたい。
そんなTIAM読者のために、オススメのスタジオを集めました。

STUDIO MARLMARL(スタジオ マールマール)/ TOKYO
2018年11月1日OPEN

MARLMARLがプロデュースする、ベビー・キッズのためのフォトスタジオが東京丸の内に誕生。
こちらのスタジオの為だけに作られたオリジナルの衣装。
MARLMARLの世界観をそのまま表現したスタジオ。
こどもだからといって妥協しないこだわりは
「写真」というよりも「作品」と言った方がいいかもしれません。

CONCEPT
『流れていく、いつもと同じように感じる日常。
それは、極めてわずかな時間の積みかさねであり、同じ時は一度として戻ってきません。
子供はその一瞬一瞬に成長を続けていきます。一日として、同じ姿ではないのです。
わずかな時間を逃さず、記憶の中で輝きを帯び、いつまでも残り続けるものを求めて——。
一瞬の、非日常へ』

STUDIO MARLMARL(スタジオマールマール)は大切なお子様の大切な瞬間を第一線で活躍するプロのフォトグラファーによる撮影でアート作品として残すキッズフォトスタジオです。STUDIO MARLMARL(スタジオマールマール)では七五三やお誕生日はもちろん様々なシチュエーションに合わせたプランをご用意しています。ご用意している衣装は完全オートクチュールで等スタジオにしかないオリジナル。素材やディテールにもこだわった洋服と、鮮やかなカラーリングと大胆なグラフィックが印象的な和装が、特別な瞬間を演出します。※衣装ナシのプランもあり。

三山写真館 / KANAZAWA

石川県金沢にある写真館。
ファッション誌から切り取ったようなファッション感度の高い仕上がりに、
わざわざこちらで撮影する為に関東から足を運ぶ人が多いのもうなずけます。

CONCEPT
『写真を撮ろう。かぞくで撮ろう。』

当館は他のフォトスタジオで多く採用されている1ポーズごとに料金がかかるシステムではなく、お子様だけで、家族みんなで、と色んなパターンの撮影を楽しんで頂きたいので時間制を取らせて頂いており、撮影したお写真に関しましても基本的に全データお渡ししております。

また、スタジオには常設されている撮影セットは無く、事前にお客様にお打合せのお時間をいただき撮影セットや好みの雰囲気などについてご相談させていただき、それぞれのお客様の個性や雰囲気にあった撮影セットをご提案させて頂いております。その為、ご予約をお取りさせて頂けるご予約枠が1日3組までとなっております。

七五三撮影については、お客様からもお問い合わせ多く頂いており、当館でも人気の撮影プランになっております。アンティーク着物店の『CLUTCHキモノ店』さんの衣装での七五三撮影プランでは、撮影のテーマ決めや、衣装のコーディネートやヘアメイク、撮影セットまで全て事前にお客様と一からお話しさせて頂きながら決めております。着物の着こなし方やヘアメイクも、従来の型にはまらず自由に七五三撮影を楽しんで頂きたいので、遊び心のあるご提案ができるよう心がけております。

THE TOP LAND studio / CHIBA

海外ブランドを扱うTHE TOP LANDが運営しているスタジオ。
こどもらしい自然な表情を、自然な形で切り取る。
世界のキッズファッションを熟知しているディレクターが作り出す絶妙な
バランス感覚はさすがの一言。

CONCEPT
『子ども写真を、クールに。
ありのままの仕草や表情を、突き抜けたセンスでカタチに 。』

子どもの写真を、クールに。
そんな想いから、私たちの写真館は生まれました。

みんなと同じ衣装を着て、緊張したまま固い笑顔を浮かべる。
ふんわりとした自然光の中で、にこっと笑った写真がかわいい。

そんな子ども写真のあり方に、私たちはずっと疑問を抱いてきました。

私たちがこだわるのは、決して演出しないこと。
それこそが子供のありのままの姿を引き出す最高の演出だと考えるからです。

スタジオの世界観、衣装、おもちゃ、カメラマンの接し方。すべてに徹底的にこだわり抜くことで、子どもたちが夢中になれる空間を完璧にととのえ、その空間に没頭するうちに見せる、その子だけが持つ表情やユニークな仕草を次々と切り取ります。いつの間にかつくり上げられた「かわいい写真」に対する既成概念を変える。THE TOP LAND は、まったく新しい子ども写真を目指していきます。

こども写真館 りんごのほっぺstudio / TOKYO

ナチュラルだけれど、どこかちょっとエッジも感じる。
それはきっとファッション撮影に慣れた女性カメラマンが撮影しているからかもしれません。
その瞬間瞬間でくるくる変わるこどもの表情。
その中で最高の表情を引き出すには、空間作り、雰囲気作りがとても大事。
自然光の中、リラックスして撮影を楽しめるはずです。

 

CONCEPT
『自然光あふれるあかるいスタジオ』

 

スタジオはアトリエをイメージした洗練された空間。
南向きの窓からは、やわらかな自然光が差し込み笑顔が自然とこぼれ、お子様もナチュラルな表情に。
貸切スタジオなので、自然光あふれる穏やかで心地よい時間の中で、リラックスして撮影していただけます。
ママさんカメラマンを中心に、女性カメラマンが撮影させていただきます。女性ならではの、やわらかく優しい雰囲気の写真が撮影出来ます。

 

藤代工房 / KANAGAWA

もっとクラシックな写真が撮りたい!というTIAM読者におすすめしたいのがこちらの藤代工房。
着物の世界に魅せられた和裁士、着物デザイナーの代表がデザインから仕立て、そして空間作りまで、クラシックな要素をたくさんちりばめて作り上げられたスタジオです。

CONCEPT
『クラシカルモダンをテーマにしたオリジナル着物とアンティーク空間を利用した七五三撮影。
それぞれ皆様のカラーを引き出してお父様お母様ご兄弟皆様などの着物もご用意しています。』

最後に・・・

小舟 / TOKYO

スタジオではなく、ご紹介させていただきたいのがinstagram上で一際目をひくフォトグラファー引田さんの作品。「どうしても引田さんに撮ってもらいたい!」というファンが殺到中。

CONCEPT
『コドモ キモノが好きなフォトグラファー引田早香のライフワークとしてはじまった小舟は、毎月数回限定のオープンデイですが世田谷の隠れ家やのようなアトリエでひっそりコツコツと撮影しています。
アンティークやテキスタイルのキモノは200着以上。
シンプルという贅沢を感じてもらえるよう心がけながらひとりひとりに合った着物のスタイリング、ヘアメイクと雑誌の表紙のような印象的ないちまいを目指して家族とスタッフとみんなで創作するような撮影時間が特徴です。』

■プロフィール■
引田 早香(ひきだ さやか)
30歳にて本格的に写真に取り組みはじめ、09年に東京写真学園に入学。出産&育児の休憩を経て、2013年初夏からフリーランス活動をスタート。主にキッズファッション、そのほかインタビューなどのポートレート、料理や食、商品などの分野で、雑誌や書籍、広告、LOOKBOOKなど、企業と撮影を行う。2016年春からはライフワーク、コドモ✖️キモノの撮影を一般の顧客に提供するサービス、プライベートアトリエ「小舟」をスタート。撮影だけでなく、アンティークキモノのスタイリングからすべてのアートディレクションをおこなう。

もうすぐ七五三。
親子のコミュニケーションを深め、最高の一瞬を残せるあなたにとってベストなスタジオが見つかりますように!

Latest

All
PRbnr