TIAM

kids fashion magazine

Feature

INN THE PARK 福岡

公園の中の球体テントに泊まる旅

 

「福岡」

と聞いて何を思い浮かべますか。

 

「明太子、豚骨ラーメン、もつ鍋」

と、先ず思い浮かぶのは食。

 

でも、福岡を訪れたくなる理由は食だけじゃないんです。

 

ここは海の中道海浜公園。

東西に約6キロメートル、面積約350ヘクタール。

代々木公園の5個分という、びっくりするくらい大きな国営公園です。

地元の方から「うみなか」の愛称で親しまれ、

博多湾と玄界灘の2つの海に囲まれた砂州状の地形「海の中道」に位置します。

園内にはプールにアスレチックに水族館や乗馬施設まであり、

レンタサイクルで公園内をサイクリングできます。

 

 

 

その「うみなか」の中に今年3月に誕生したのが INN THE PARK 福岡。

「INN THE PARK」は“泊まれる公園”をコンセプトとする公園一体型宿泊施設。

木の上の球体テント、SNSなどで目にしたことはないですか?

2017年9月に静岡県沼津市に誕生した第1号「INN THE PARK沼津 」に続き、

今回の福岡が二拠点目となります。

 

公園内の博多湾が一望できる「光と風の広場」の中心に位置する抜群のローケーション。

INN THE PARK福岡 は、“泊まれる公園”というコンセプトや

沼津で大きな反響を呼んだ巨大球体テントはそのままに、

ロケーションの魅力を最大限引き出す作りになっています。

 

 

【 泊まる 】

宿泊施設は4タイプ30棟。

INN THE PARKだけでなく、ここを拠点として

公園内の様々な施設やアクティビティーが楽しめます。

 

・球体テント

沼津でも採用したINN THE PARKシグネチャーの球体テントは全13棟。

より大きくなったテントは直径6m!

およそ2階建て建物ぐらいの高さのある球体です。

突如として公園内に球体が転がっている姿はアートのよう。

夜は発光して公園内を彩ります。

 

中はどうなってるの?!

まるで宇宙船に乗り込むかのようなワクワク感が味わえます。

 

室内はホテルの一室と変わらないほど快適。

大きなベットとセンスのいい家具。

空調設備もバッチリです。

 

 

 

球体テント以外の宿泊施設も充実。

 

・グランピング 全12棟

3月~11月にオープンするインザパークの考える「グランピング」。

直径17mのタープの中にテントが2つ。

大人2人 ~8人までの宿泊に対応します。

それぞれの部屋ごとに暖炉のあるリビングや、

アウトドアガストロノミーをテーマ にした

部屋食が楽しめるダイニングを備えます。

 

・キャビン 全3棟

カップルやおひとり様専用の小さいキャビンもあります。

海至近で壁一面の窓、視線の先に博多の夜景。

部屋の面積からは想像できないほど、とても開放的な部屋です。

 

・スイートルーム 全1棟2室

少し離れた静かな場所にお風呂付のスイートルームも用意 しました。

大人2~4人の利用が可能。

こちらも海至近の開放感のあるお部屋。

食事は専用テラスでグランピングと同 様のコース料理を提供します。

 

 

【 食べる 】

キャンプ気分で訪れたのに、こんなにご飯が美味しいなんて嬉しい驚き。

 

それもそのはず。

INN THE PARKのレストランで食べられるフレンチは、

パリ6区“Le petit verdot”にてスーシェフとして研鑽されていた

葭谷さんが作られています。

 

近隣で採れた旬の食材を使った美しい料理の数々。

料理だけでもまた食べに来たくなるほどの

忘れられない味。

 

ロケーションも相まって何とも贅沢な朝ごはん。

 

こちらのレストランは今のところディナーは宿泊者限定。

泊まった人しか食べられないという特別感もたまりません。

ランチはいよいよ一般のお客様も利用できるようになりました。

 

シェフ : 葭谷 真輝(よしや まさき)

国内の星付きレストランやホテルで修業後、2012年渡仏。

パリ6区“Le petit verdot”にてスーシェフとして研鑽。

2021年3月よりインザパークのシェフとなる。

 

コーヒー監修 : 濱田 大介

Little Nap COFFEE STAND オーナーバリスタ。

2011年に同店を開業。

飲食店のコーヒーのコンサルタントやコーヒー スタンドのプロデュースなど、

数多くのプロジェクトを手 がける。

 

【 温まる 】

公園が面する博多湾の海岸至近エリアにある開放的な温浴施設。

ここに泊まったみんなが利用する大浴場です。

銭湯を模した空間には、水風呂や屋外スペースも。

 

【 音に触れる 】

INN THE PARK内の音にまつわるコンテンツは、

地元福岡出身のサウンドデザイナー清川進也氏が手がけています。

セレクトされた音楽を楽しめるのはもちろん、施設の魅力と音を

組み合わせた体験コンテンツも楽しめます。

 

キャンプの〆といえば、キャンプファイヤーとマシュマロ。

満天の星空の下で食べるマシュマロの味は、きっと忘れられない思い出になります。

 

 

数あるグランピング施設の中で、なぜこんなにもINN THE PARKに心惹かれるのでしょうか。

 

ロケーション?

デザイン?

食?

 

その理由は訪れてみたらきっとわかるはずです。

 

心地よい海風。

贅沢な福岡の夜景。

他にはない景色と体験。

 

まるでここだけが特別な空間であるかのような、

言葉にできない感動があります。

ぜひ夏休みにご家族で訪れてみてはいかがでしょうか。

 

INN THE PARK福岡

https://www.innthepark.jp/fukuoka/

Instagram @innthepark_fukuoka

 

Latest

All
PRbnr