TIAM

kids fashion magazine

Feature

Playtime TOKYO
POP-UP SHOPが拡大OPEN !

アートディレクター マリー・チャプスカに
パリでインタビューしました

 

 Playtime TOKYOのPOP-UP SHOP が

Playtime TOKYO開催期間中、拡大してオープンします!

 

プレイタイム東京に出展する複数ブランドのアイテムだけでなく、

今回はスペシャルゲストとして、同日に代官山にて開催中のこども服の展示会

「One of Tales 」からも 9 組のブランドが参加します。

さらに、プレイタイム東京・プレイタイムパリの常連出展ブランド

「ARCH&LINE」からはアーカイブラインを販売予定です。

※ARCH&LINE は、POP-UP SHOP のみの参加です。

 

フォトスポットも登場!

金谷裕子 ペインティング、コラージュ、アニメーション、インスタレーションなど

多様な手法で作品を制作する金谷裕子が会場内でアートワークを発表。

多彩な色とフォームの中に紛れ込み、アート作品の一部に成り変わったご自身を撮影してみませんか?

 

キッズヨガ WORK SHOP開催!

本会場でのフランス版 MilK によるフォトエキシビジョン「YOGINI」の開催 に合わせて、

こどもヨガプロジェクト「WAPPY」が子供達を笑顔にハッピー に!

キッズヨガ・ワークショップに子供たちをご招待。柔軟性だけではなく、

ヨガを通して自由な発想や考える力を養います。

 

開催日程:
7 月 31 日(水) 11:00〜11:30

8 月 1 日(木) 15:00〜15:30

8 月 2 日(金) 15:00〜15:30

各回先着 11 名さま
4 歳〜小学生対象・参加費無料

参加申し込みは名前、参加人数、希望日程、電話番号を明記の上、

tokyo@iloveplaytime.com までご連絡下さい。

 

TIAMのWORKSHOPも開催します!

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

同時開催

ベビー・キッズ・ライフスタイルを集めたインターナショナルな合同展示会

「プレイタイム東京」(20SS コレクション)を 2019 年 7 月 31 日〜8 月 2 日 に開催。

 

今回は、出展ブランドの約 80%が海外ブランドとなり、

フランス、オランダ、 イギリス、アメリカ、スペインなどのブランドが会場に登場予定です。

近年のプレイタイム東京では、海外ブランドが最も多い内容 となります。

日本ブランドも将来性のあるブランドや老舗ブランドが集結。

 

INTERVIEW WITH MARIE CZAPSKA

 


Playtime の統括責任者のひとりであり、アートディレクターを務める

マリー・チャプスカにパリでインタビューしました。

 

– 今回のシーズンテーマはなんですか?

 

今は世界や社会が変化している時期だと感じます。

その⼤きな変化から「Metamorphose」 を今回の展⽰会テーマにしています。

Metamorphoseは、変化 とも訳されますが、

サナギから成虫になるようなイメージで変容を遂げた「新しい姿」という意味が強く、

今回のシーズンテーマでは時間や価値、学びを共有し、楽しい時間を過ごしましょうという意味も込めています。

 

変化を表す⽅法は皆異なると思うのですが、アートやモードなどからも変化を感じています。

 

sustainable(サステイナブル)= 持続可能な

が一つのキーワード

 

仕事において、関係性において。

ファッションでも、ファブリックを作るのか、リユースするのか・・

「持続可能かどうか」いうことがすごく重要だと感じています。

 

バランスよくチェンジさせ、そして続けていく。

sustainable は 今回のシーズンテーマ Metamorphose から

次の展⽰会テーマへと続けていくいくことにもつながるキーワードです。

 

– Playtime をスタートして 13 年。

最初と今では⾒せ⽅は変わりましたか?

今後どう変えていきたいですか?

 

もちろん変わっている部分もあるのだけど、

「どうやって来場者と出展者の出会いをを育てていくか」

という基本的なミッションテーマは変わりません。

 

私たちはPlaytime Onlineを展開していますが、

同時に直接⾒て、直接触って、直接話せる機会というのはとても重要です。

 

期間中に開催される、コンフェランスでは人々が話し合い、

ワークショップでは、テキスタイルデザイナーのCamille Pianelがモチーフを使ったクリエイションを紹介、

古着をアップサイクリングさせるManufacture Paris、

エキシビジョンでは出展ブランド参加による「Work in progress」(コレクションのクロッキーを展示)

 

これらのイベントから、ブランドの裏側を伝えていくことで、

⼀つのモノを⽣み出すのにどれだけの⼈の⼿がかかり、

どういった物つくりをしているのか。

来場者に出展者の製作について知ってもらうことにより、そういった背景を伝えていきたいのです。

 

ブランドと来場者の繋がりが成⻑することにより、いいものが提供できる。

それにより、⼦供達の将来にも貢献できる。

それがいつか⾃分たちにも返ってきて、全てはサークルになってるの。

 

売り⽅も買い⽅も時代とともに変化していますが、

私たちは展示会主催者として基本的なミッションテーマは変えずに、

Playtime を成⻑させていきたいです。

 

– Playtime PARISに来て、とてもエキサイトしましたが、

東京で7/31-8/2に開催する「Playime TOKYO」はどうなりそうですか?

 

展⽰会でお披露⽬する商品がすぐに購⼊できるわけではないので、

それらのブランドの商品を⼿にとってもらえる機会であるPOP UP SHOP を

東京ではこれからも続けていきたい。

 

 

マリーにインタビューさせていただいて感じた、

Playtime と他の展⽰会との⼀番の違い。

 

「展⽰会を通して、こどもファッション・デザイン市場を育てていきたい」

 

Playtime   は、ただ⾒せるだけ、ただ⼈を集めるだけでなく、売り⼿も買い⼿も⼀緒に成⻑し、

いいサークル(円)ができるような取り組みを積極的に取り⼊れているところが、他の展⽰会との⼀番の違いです。

 

今年の 7 ⽉から Playtime Shanghaiもスタートし、ますますグローバルな広がりを⾒せる Playtime から今後も⽬が離せません。

 

 

Playtime TOKYO 主な出展ブランド

(全ブランドはこちらからご確認ください)

・Fashion
Bonheur du jour(France)Coco au lait(Mexico)Efvva(Poland)Elizabeth littlee(Singapore)

Little hedonist(Netherlands)Petite L Paris (Sweden) Rylee and cru(USA)Siyah fare(Turky)

The paper crane co(Hong Kong) Tinny cottons(Spain)La poche biscuit(Japan)

・Goods
Kaloo(France) (France)Saranori (USA)Yui (Japan) (Japan)MoonStar(Japan)

Ballement(South korea) Banwood(Germany)Donsje(Netherlands)

Latest

All
PRbnr