TIAM

kids fashion magazine

Feature

気になるあの人の香りが知りたい

ライター、PR、デザイナー...
ライフスタイルが気になる6人の香りをご紹介します

 

子育てしながら、ファッション、ライフスタイルにもこだわる「あの人」はどんな香り?

TIAMが気になる6人の香りをご紹介します。

 

 

 

 

RYOKO SEKISHIRO /

COCO MADEMOISELLE : CHANEL

 

Q: この香りのどんなところが好きですか?

「甘くて女らしいところ」

 

Q: 周りからの反応は?

「15年くらい同じ香りを使っているので、息子にもママの匂いだと言われます。笑」

 

Q: シーズンで香りは変えますか?

「気分転換に香りを変えることはあります!

でも、お風呂上がりに腿裏につけて眠るのはいつも同じもの(CHANEL)です。」

 

 

 

関城 玲子

ライター/プランナー

9歳のママ

 


 

 

 

HANAKO SUGA /

geranium odorata : Diptyque

 

Q: この香りのどんなところが好きですか?

「甘さなしのスッキリ系でリラックスできるところ。」

 

Q: 周りからの反応は?

「以前は甘めの匂いを好んでつけていましたが、大人になり出産してからは特にスッキリした匂いのものが好きになり、

周りのお友達も同じような人が多くて、どこのー?とよく聞かれます。」

 

Q: シーズンで香りは変えますか?

「あまり変えないです。」

 

 

菅 はな子

フリーランス PR

2歳のママ

 


 

 

 

 

SHURI KIMURA /

PALAオリジナルブレンドエッセンシャルオイル : JARDIN AROMATIQUE

 

Q: この香りのどんなところが好きですか?

「サンダルウッドの香りが好きで、saeさんにもリクエストして入れてもらっているのですが、
頭を一回リセットしてくれるので、毎日の始まりにぴったり。

アルコールを混ぜて手作り香水にしたり、無香料のバームに少し混ぜて練り香水にして楽しんでいます。
私のジュエリーブランドのイメージを調香師saeさんに伝えて作ってもらったのですが、
すーっと澄んだ空気が体を包み込む様なウッディな香りの後に、ほのかにフローラルの香りが優しく漂います。」

 

Q: 周りからの反応は?

「お店でも使用しているのですが、お客様が来店した際にいつも素敵な香り!と褒めていただけます。」

 

Q: シーズンで香りは変えますか?

「シーズンではあまり変えませんが、オフの日は香りを変えたりします。」

 

 

木村 朱里

ジュエリーデザイナー

3歳のママ

 


 

 

 

HANAE AMANUMA /

Marrakech Intence : Aesop

Hwyl : Aesop

Incense Kyoto : Comme des garsons

 

Q: この香りのどんなところが好きですか?

「マラケシュは何年も使っているので自分の香りに感じて落ち着くところ。
ヒュイルは深い森を感じれる。
Insenceはお香のような香りでシャキッとする。

(カジュアルでないミーティングの時はこれ)」

 

Q: 周りからの反応は?

「マラケシュは保育園でも迎えに行ったらCのママの匂いがするーと言われるくらい浸透している。
ヒュイルは男性っぽいと。」

 

Q: シーズンで香りは変えますか?

「はい。」

 

 

天沼 華恵

会社員

5歳、9歳のママ

 


 

 

MARIA SALYUKOVA  /

BONTON EAU DE TOILETTE : BONTON

 

 

Q: 今使っているフレグランスのブランド、香りを教えてください

「BONTONのオードトワレ」

 

Q: この香りのどんなところが好きですか?

「石鹸のような、赤ちゃんの匂いのような、ちょっと懐かしい香りがすごくタイプでリピートしてもう7本目。

ネロリ、シトラスフルーツ、アイリス、ガルバナムのシトラスフローラルな香りが軽やかで、子どもとお揃いの香りとして一緒に使っています。」

 

Q: 周りからの反応は?

「家族にとても好評。優しい香りなので、寝る前のお風呂上がりに娘と2人でシュッシュッ!」

 

Q: シーズンで香りは変えますか?

「通年使うフレグランスが多いですが気分とシチュエーションによって使い分けています。

来客が多い日はユニセックスでニュートラルなAesopの香水、オフの日はクセ強めのSanta Maria Novellaなど。」

 

 

サリュコワ マリア

JOHNBULL プレス

5歳のママ

 


 

 

SERENA YARIMIZU /

TAMDAO : diptyque

 

Q: 今使っているフレグランスのブランド、香りを教えてください

「diptyque TAMDAO」

 

Q: この香りのどんなところが好きですか?

「ウッディな香りでユニセックスに使えます。

甘すぎず、少し匂いが好きなので気に入っています。」

 

Q: 周りからの反応は?

「とてもよくて、どこの香水~?と聞かれることが多いです。」

 

Q: シーズンで香りは変えますか?

「変えないです!が気分でルラボのLabdanum 18に付け替えたりします。」

 

 

鑓水せれな

モデル/主婦

1歳のママ

 

JARDIN AROMATIQUE 
Perfumeer saeさんが教える

「香りの選び方」

 

 

香りは自身の第一印象を大きく左右するツール。

香りを纏ったとき、どんな気分になりたいか、どんな印象を持たれたいかでセレクトすると

セルフイメージを上げることにもつながります。

 

happyな気持ちになる香り

relaxさせてくれる香り

背中を押して自信をもらえる香り

 

直感に従って今の自分をありのまま愛することにつながる香り選びの基準は、

まず心地良さを重視すること。

 

そして、ライフスタイルの中で香りを纏うことが多い時間帯に合わせて、フレグランスを新調することをおすすめします。

 

普段、朝出かける前に香りを纏う習慣がある人は朝に。

夜寝る前に纏う習慣がある方は日が沈む時間帯に選ばれた方が、心と体のシグナルが上手に作用します。

 

また香りは体温に大きく影響します。

特にシトラス系の香りは揮発性が高いので、10分ほどで香りが変化します。

香りの変化を好まない時は洋服などにつけ、香りの変化も楽しみたい時は手首や首まわりなど体温の高いところにつけましょう。

購入する時も、香水を肌につけたら少し時間を置いて、香りの変化も確認しましょう。

 

香りが自分の一部となって

自身と周りに幸せな影響を与えられる素晴らしいツールになりますように。

 

 

ABOUT

JARDIN AROMATIQUE (ジャルダン アロマティーク)

 

”気づきのアロマテラピー”をコンセプトに2011年より始動。

「自分を心地よい状態に導くこと」を毎日少しずつ続けること。

JARDIN AROMATIQUE はそれがホリスティックビューティの基本と考え、

香りによる脳へのアプローチとパーソナルカウンセリングで 心身ともにより健康で美しいライフスタイルを送るための アドバイスを行っています。

アロマテラピーは植物の香りで心と身体を穏やかに整える自然療法の一つです。

香りを感じる力(嗅覚)はアロマテラピーの大きな柱。 この感覚は本能と直結しているという点で、わたしたちの生命の営みの 中心にあるものといえます。

香りを通じて少しでも多くの方が、本来持ち合わせた魅力を最大限に 引き出せるお手伝いをさせていただきます。

 

 

 

 

Latest

All
PRbnr