TIAM

kids fashion magazine

people

REIKO / PARIS

会社員とストリートダンサーの二足のわらじ東京生活を経て、パリ郊外移住を40代でスタート。一児の母。

instagram @snack_reiko

Jour90(フランス門限生活) パリは流行の発信地ではない

マダム4人チームのフィットネスレッスンをした。
クールダウン時に、セルフマッサージをみんなで。
頭皮、顔、鎖骨や脇の下、脚。

カミーユが言った。
「私、最近は翡翠ローラーで顔マッサージしてるの。」
ジュリエットが「私もクリームをつけて軽ーくマッサージしてる。」
「何それ!どうやるの?」と他の2人。

最近フランスでは、カッサとか天然石ローラーマッサージとか流行っている。
私はアユーラで10年以上前にカッサを買った。
日本ではもう定着しているお手入れ方法だ。

パリは美しい街。洒落た空気が流れている。
パリコレがあるから流行の発信地と思われているけど、、、
ファッションの展示会が大々的に行われているだけで、
庶民まで落とし込まれるトレンドって意味ではこの街は発信地では無いと思う。

色々な面で保守的なフランス、トレンドに疎いというか、取り入れるまで時間がかかる。
日本で流行ってから5年後くらいに流行ってるーって感じ。

<90日目の私>
フランス語勉強がてらよく見てるVOGUE ParisのYouTube。
天然石マッサージをするフェイシャリストが紹介されてた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + 3 =

PRbnr