TIAM

kids fashion magazine

people

ASUKA ISHIKAWA / TOKYO

TIAM FOUNDER / PR

キッズから大人まで国内外のファッションブランドのPRと、広告のアートディレクションを手がける。
その経験と知識を集約しキッズファッションマガジンTIAMを立ち上げる。

14歳と11歳、ラブラドールと猫二匹の母。

instagram @asuka__ishikawa

何度でも観たくなるから不思議「仕立て屋サーカス」

朝の時間を有効に使えた日は

一日気分がいい!

 

今朝は洗濯を3回。

掃除機をかけて、床も拭き掃除してスッキリ。

毎日こうだといいんだけどな。笑

(普段は子供を送り出し仮眠しがち)

 

昨日はデザイナーのsuzuki takayukiさんらが手がける

「仕立て屋サーカス」

を観に横浜まで。

 

観たいけど観たとこがないという旦那さん。

私は前回の新宿公演を鑑賞させてもらったんだけど、

言葉では説明できない、あの瞬間だけの特別な空気感。

なんというか、異空間に紛れ込んでしまったような感覚と、

あんな間近でパフォーマンスが観られることってなかなかないから。

もうそのエネルギーが凄いというか。

 

これはもうぜひ体感してもらいたいのと、

私も改めて観たくて。

 

こんな近くでコントラバスの音聞いたの初めて。

良すぎて・・・ジャズ聞きに行きたくなった。

(帰りの車の中で、ブルーノートに行く約束をする)

 

会場は自由席。

床に寝っ転がって観てもOK。

私は今回椅子席の最前列で全体を見渡しながら鑑賞したけど、

前回は床で見上げながら。

個人的には地べたに座り、目と鼻の先で行われるパフォーマンスを

見る方が好きかな。

 

次回はいつかわからないけど、

本当はこういうの子供たちに観てほしい。

言葉にできない感動を、感覚で受け取るのって

大人も子供もすごく大事だと思う。

仕立て屋サーカスの皆さんも同じ気持ちのようで、

そのため18才以下は無料です。

 

以前TIAMをスタートしたばかりの頃にスズキさんにインタビューさせていただいた

記事を改めて読み返したけど、こういう方のエネルギーを同じ空間で共有させてもらえる

ってこと自体が、すごい舞台だなと思った。

 

INTERVIEW WITH suzuki takayuki

 

万人受けするかと言ったら違うと思う。

好きか、そうじゃないか、人によってきっと分かれると思うけど、

一度はぜひ観てほしい舞台です。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + 1 =

PRbnr