TIAM

kids fashion magazine

people

ASUKA ISHIKAWA / TOKYO

TIAM FOUNDER / PR

キッズから大人まで国内外のファッションブランドのPRと、広告のアートディレクションを手がける。
その経験と知識を集約しキッズファッションマガジンTIAMを立ち上げる。

14歳と11歳、ラブラドールと猫二匹の母。

instagram @asuka__ishikawa

出会って1週間で結婚することになったワケ

 

先日(自分でも)衝撃の結婚から1年を迎えました。

 

この1年の間に何十回と聞かれた

「なんで、どうして、どうやって。笑 結婚したの?!」

をちょっとだけ。

 

彼との出会いはざっくり言うと仕事で、

以前PRをお手伝いさせていただいていたTEG TEGというブランドで

彼の会社のお店でイベントをやらせてもらったことがきっかけ。

 

直接的に仕事で絡んでいたわけではなく、

たまたまその日お店に来ていた彼を別の人に紹介してもらった、

のが出会い。

 

正直、その日のことを私はあまり覚えていなくて。笑

「あんなに濃い顔なのに?一度会ったら忘れないでしょ?!」

と言われるんだけど。笑

特にその時には何もなく。

「結婚してから昔の写真を見ていたら、2年前の写真に未来の旦那さんが映り込んでいたという奇跡もあり。笑

まさにこの日に出会った。」

 

・・・そこから何もなく2年。

 

会うわけでも、話すわけでもなかったけど

たまたまインスタだけは繋がっていて、

なんとなーくどんな人なのか分かっているくらい。

 

ある日、彼がストーリーズにあげていた

フワフワの可愛すぎる犬に私が反応したのをきっかけに

あれよあれよとご飯に行くことになり、

初めてご飯に行った1週間後には結婚することになっていた。笑

 

結婚に関して言うと、ずっと一人は嫌だから、もし再婚するなら子供たちが大人になったら・・・

くらいにしか考えていなくて、何ならもう二度と彼氏なんてできないと思ってた。

それがまさかすぎる展開で、でもものすごく自然だったなぁ。

 

本当にどっちから結婚しようと言ったわけでもなくて、

最初から一緒にいないことの方が不自然というか、

自然にそういう話になったからなんで結婚することになったのか

自分でもよく分からない。笑

私に既に子供がいたからというのが一番大きいかもしれないけど。

そんな我々のあまりに急な展開を心配する友人は居ても、

彼に会うと皆んな納得してくれて、

子供たちも含めて誰も反対しなくてみんなが喜んでくれた。

 

人生って何があるか本当に分からないけど、

一つだけ言えるのは、

彼との出会いは運命的だったり電撃的なものではなくて、

今まで積み上げてきた人の縁が引き寄せた出会いだったと思う。

 

「あの日私に未来の旦那さんを紹介してくれた落合さん。笑」

 

そもそもTEG TEGを手伝っていなかったら出会えなかったわけだけど、

その仕事を紹介してくれたのも、20歳の頃に働いていた先のPRの先輩。

38年経った今でも尊敬する女性の一人。

 

お互いにそういう人の縁がいくつもあって、

機が熟したというか・・・

会うべきタイミングで会えたんだろうなと。

 

「宝くじ当たったみたいなもんだからね!」

と言う友人もいたけどね。笑

それもそうかも。笑

 

ちなみに写真の結婚指輪は友人のPALA jewelryにオーダー。

あえての10金がシャンパンゴールドみたいでとても気に入ってます。

 

このまま仲良く歳を重ねていけますように。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 14 =

PRbnr