TIAM

kids fashion magazine

people

樽山リナ / TOKYO

スタイリスト
兵庫県生まれ。
スタイリスト
雑誌・カタログ・広告などで女性やキッズ、インテリアなどのスタイリングを手がける。がんばりすぎない等身大のスタイルがモットー。
2016年12月 男の子を出産。

instagram @taruyamarina

母2人こども3人の旅行 1

気づけばハロウィン前からブログをかいていない…タルヤマです。

私と妹と3人の子供たち(6歳男子、4歳女子、1歳の息子)で3泊4日で鹿児島に旅行に行ってきました。

鹿児島はずーっと行きたかった場所。

とくにしょうぶ学園という知的障がいをもった方たちが既製品ではなく、刺繍や絵や陶器、紙などを使ってアート作品を作っている福祉施設を知ってからというもの特に恋焦がれていました。

しょうぶ学園内は一般の方も入れて、そこの方たちが作った器や料理がでてくるレストランがあったり作ったものを買えるショップがあったり

ロバと羊がいたり

イスまでかわいくペイントしてあったり

ツリーハウスでパスタを食べたり

あいにくリサーチ不足で工房見学の予約ができなかったのですが、ショップで見たものは全部欲しくなるくらい純粋で素敵なものばかり。ここのことを知らなかった妹もずっとテンションが上がってたので、それだけ幸せな気分になるものを作られてるんだと思います。

私もいくつか買いました。

次は絶対に工房見学したいです。行かれる方は10日前までに予約されることをオススメします!

工房は見れなかったけど大人はトキメキ、こどもは芝生や小川近くを走り回り楽しんで、夕方は指宿で砂むし。

大人になってから海でも砂に埋まったことなんてないし、男性にスコップで暖かい砂をかけて埋めてもらうのは、とても妙な。内臓にずっしりと重しをされてる気分。

体感はお風呂よりぬるくて汗は出ませんでしたが楽しい体験でした。

息子はというと、浴衣に着替える時から何かが嫌だったようでイヤイヤのギャン泣き。

砂に少し触れただけでもギャン泣き。

でしたが妹や構いたくて仕方ないいとこたちに任せて私も10分ほど蒸されました。

もともとお風呂大好き水大好きな息子。その後の砂を落としてから入る温泉ではあごの高さまでお湯があるのにお風呂の中を歩いたり大はしゃぎ。私も砂むしと温泉両方でととのったー!!という感じでした。

息子にお風呂あがろうーというとまたイヤイヤーと言ってました。

長くなるので、また。つづきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 2 =

PRbnr