TIAM

kids fashion magazine

people

AYUMI NIBU / TOKYO

JUST ANOTHER SPACE / DIRECTOR

高校卒業後すぐに、渡豪、渡仏し、帰国後アパレルブランドに就職。

その後、再度ヨーロッパへ渡り、ロンドンのデザイン会社に勤務。
3年後日本に戻り、あらゆる業種の仕事を転々とし、クリエイティブスタジオANSWR(現THINKR)にたどり着く。

併設するGALLERY/SHOP/オルタナティブスペースでのマネージャー経験を経て、双子を妊娠、出産。現在はJUST ANOTHER SPACEに所属し、ディレクターとして従事する傍ら、”Have a piece of art in your life” をコンセプトとした子ども向けライフスタイルブランド「 VV3 (ベベトワ) 」を立ち上げ、2018年には、プロジェクト第一弾として、日本、US、EU (時々インド) を往来しているノマドアーティストNIKY ROEHREKEとのコラボレーションを実現。

今後VV3のさらなる展開はもちろん、子供のいる暮らしをより豊かにするための、新たなプロジェクト実現に向けて夢膨らませながら、日々、育児に奮闘中。

Website
http://vv3.tokyo/

体調不良で子連れのタイ旅行!さあ、どう楽しむ?! その3:移動手段はトゥクトゥクだけじゃない!?

今回の旅でめちゃくちゃお世話になったアプリを一つ紹介。

実は妹がバンコクに住んでいて、滞在中はお世話になっていたのだけれど、ホテルや、アパート、マンションが所有するトゥクトゥク&専属ドライバーが、施設にサービスとして付いているのはタイではさほど珍しくないらしいく、ほぼ毎日マンション下に停留している住人専用のトゥクトゥクを利用させてもらって、ほんっとに助かった。

ただ問題は、、帰り。

どう帰ってくるか、、

手段はたくさんある。

・電車 (※バンコクの車の渋滞はマジでやばいので時間帯によっては電車がベスト)
・タクシー (※初乗り約100円〜と格安)
・バス (※暗くて暑そう)
・ソンテウ (※相乗りのミニバス)
・トゥクトゥク (※風が気持ちい〜3輪)
・シーロー (※一部エリア住人の貴重な足、見た目トゥクトゥク、でも4輪)
・バイタク (※バイクタクシー。約数十円)

中でも、我々日本人には安く乗りやすい印象のタクシー。。
だが問題も多い、、

✔︎メーターで計算してくれるか要交渉のだるさ(もしくはあっちの言い値)
✔︎なんなら時間によっては露骨にメーターに布を被せてるタクシー
✔︎行き先を正確に伝える手間、、
✔︎行き先を告げて断られることも、、
✔︎ぼったくりする輩、、

油断も隙もない。

いちいち値段交渉したり、
地図で行き順確認したり、
ぼったくりじゃねーか!と喧嘩したり、、

というような、
海外旅行の醍醐味を
楽しんでいる余裕のない
体調の優れない人(私)は、これ。


[Grab・グラブ]

要は、Uberのアジア版?とでもいうのか。。
マレーシアで始まったタクシー配車アプリで
今では、タイ、フィリピン、シンガポール、ベトナム、インドネシアの6カ国で使われているらしい。

Uberとの違いは、
Grabドライバーはネット契約NG。
運転手と直接面談を行い
契約を行っているらしいから、
より安心。

アプリの操作もすごく簡単で、
車種やナンバー、
こちらの希望の行き先
全てアプリで確認できる。
お互いの居場所は
GPSで把握できるから
会話や交渉が不要。
金額も事前に登録したクレジットで決済。
どんな車が来るかは運だけど、
乗った車全て、お掃除が
行き届いてたなーという印象。
しかもマジでどこにでも
指定した場所に来てくれる。
これ、、神。。

シティーから空港まで連れて行ってもらったドライバーさん。
こんな感じで、ドライバーのイメージ、
評価、金額が事前にわかる。

スーツケースがあったので、
少し大きめの車をセレクト。
且つ、この日はイベントもあって
割高(普段の1.5倍近く)で542バーツだったけど
普段なら中心街から空港まで
約1時間前後の乗車距離で1000円くらい。

しかもこの最後に乗ったGrab Taxi
革張り&ゆったりで乗り心地最高だったー
毎回、どんな車が来るか、
二人はナンバー探しも楽しみましたしー

最後に

今回、Grabを何度か利用して学んだ二つのQ&A。

1、週末やイベントなどでなかなかGrabが捕まらない場合

A:クレジットカードではなく、現金払いを選択してみて! 私はこれですぐに捕まった!

2、ドライバーが電話をかけてきてめっちゃタイ語で話してくる。
or 英語のアクセントが強すぎて何いってるか全然わかんない場合

A:近くにいるタイ人に電話を代わってもらって、
今どこにいるか現地の人に説明してもらおう。

あまり珍しいことではないらしく
見知らぬ人にいきなりお願いしても
そこまでびっくりされないので、
思い切ってきいてみよう!、、w

タイ旅行を予定している方!
Grab日本でダウンロードして行って、
空港着いたらそこから利用することを強くお勧めします!
スーパー楽チン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − 8 =

PRbnr