TIAM

kids fashion magazine

people

ASUKA ISHIKAWA / TOKYO

TIAM FOUNDER / PR

GAP、TOMMY HILFIGAR 、PATACHOUを経てフリーランスのPRに。
自身の経験とキッズファッションメディアの必要性を強く感じTIAMを立ち上げる。

プライベートでは12歳と9歳、ラブラドールと猫二匹の母。

instagram @asuka__ishikawa

TIAM FLEA MARKET

「フリマやりたい!」

昨年末に友人とご飯を食べている時にそんな話になった。

「よし!じゃあTIAMでやろう!」

でノリで決まったフリーマーケット。

 

友人たちが営む表参道のセレクトショップ

SUGAR TOWAN」の二人に相談して、翌日には開催が決まり

(行動だけは早い)

あれよあれよという間に、昨日当日を迎えました。

 

「息子が受験で一番大変な時期に、なんでやることにしたんだろう。笑」

と自分で突っ込みたくなるほど忙しい1月。

後悔はないけど、不安と追い込まれてる感は感じながら準備して。

 

でも、いざ搬入してみると。

みんなに会えて、子供達も楽しそうで、たくさんの方にご来店いただいて。

楽しい!しかない。

 

 

店内のテーブル下の子供基地で遊んだり、誰かの引率でフライングタイガーにショッピングしに行ったり。

丸一日は飽きるだろうと思っていたのに、友達たくさんいたから夜までいても帰りたい!なんて娘も一言も言わなかった。

ずっとレジ内にいたので、我が子ほったらかしだったけど、見ていてくれた他の出展者のみなさまありがとう!

 

 

 

いつの間にか子供達がPOP作って貼ってくれていた(涙)

なんて書いてあるのか半分しか読めないところがまたいい(笑)

寒い中、外で呼び込みまでしてくれたキッズたちありがとう!

 

美味しかったなー合間のたい焼き!

そういえば昨日朝から何も食べていなくて、差し入れに生かされてました。

 

売る側も、買う側も、みんなが「楽しかったー!」って思ってくれていたら何より。

「初めまして」

の人たち同士が繋がって、輪が広がっていくことも、私としては嬉しいこと。

ご来店いただいた皆様も、本当にありがとうございます!

 

ハウスダウトにアレルギー反応して100回くらい鼻かんだので、

もう鼻真っ赤です。笑

 

「次はメンズお願いしたい!」

という声が多いので、次回はパパも入れてのフリマかな。

 

最後に。。。

今回このSUGAR TOWNでどうしてもやりたかったのは、

こちらのお店が1月末で移転してしまうため、一時的に店舗はクローズ。

お店の二人と一緒に仕事できるラストチャンスだったから。

SUGAR TOWNは表参道の私のオアシス、近くを通ってお店に顔出せば誰かいる!

くらい、皆に愛されたお店だった。

 

ここで出会った人たちもたくさんいて、今ではそんな人たちと一緒に仕事していたり

もするし、それもSUGAR TOWNの二人の人柄だなと思う。

 

SUGAR TOWNの次のステップを心から応援してます!

夜遅くまでレジ閉めと集計手伝ってくれてありがと!

 

LOVE  ❤︎ MAI & MOTOKO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × one =

PRbnr