TIAM

kids fashion magazine

people

REIKO / PARIS

会社員とストリートダンサーの二足のわらじ東京生活を経て、パリ郊外移住を40代でスタート。一児の母。

instagram @snack_reiko

庶民でもガウン羽織ります

お風呂上がりにバスタオルを頭にぐるりと巻いて、ガウンを羽織って、
コーヒーを飲みながら新聞に目を通す、歯を磨く、のんびりする。
逆光気味に撮影されがちな1カット。

今まさにそのいでたちでブログ書いてます、私。

 

映画や海外ドラマ、雑誌ではその姿を見てはいたれけど、、、
庶民がそんな格好家でしてないやろっって思ってました。
でも実際、けっこうみんな羽織ってます。
部屋着というよりは、朝晩のパジャマの上に羽織る感じ。
パジャマも半袖のTシャツワンピにスパッツ、
キャミにスパッツ、長袖シャツワンピパジャマ、、

この色気もありつつこなれ感のあるパジャマ&ガウンスタイルを実現出来るのは、
やっぱり家の中が暖かいから。
昨日今日と雪が降っても、キャミにガウンが実現します。
ベッドルームもあったかいので、寝る時はガウンを脱いで寝る。

東京生活10年の仏人夫が、冬の度に言ってた苦言。
「便座をあっためる前に、家の中をあっためてくれ!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + 18 =

PRbnr