TIAM

kids fashion magazine

people

ATSUYO YANG / NEW YORK

ATSUYO ET AKIKO

大阪生まれの韓国人3世。
大学まで日本ででて、卒業してから韓国へ留学。そのあとニューヨークへ1年半留学してあきこと出会う。
日本に帰って、靴カバンのデザインを勉強東京イタリアへ行く。
大阪で2年靴会社でデザイン/プロダクションを担当。

2002年に結婚してニューヨークへ。
Tocca でインターンをはじめ、assistantデザイナーとして就職。
2007年 ATSUYO ET AKIKO 設立
2009年に双子の女の子Jude とRioが生まれる。

学校での旧正月イベント

ニューヨークの公立の学校は、去年から旧正月が祝日となりました〜〜。すごいよね!

こっちの学校は子供達の親が学校に関わるのはとてもオープンで、みんなで学校を良くしていこうという気持ちから、親のボランティアがすごく子供にとっても親にとっても、学校にとっても良い環境だと思われます。

私は日本生まれですが、韓国人の家で生まれたので、韓国人3世です。小さな頃から日本と韓国の文化をごちゃまぜで育ってきたので、このアメリカでのミックスな感じがけっこう懐かしい感じがして打ち解けられるので子供達にとってもいいな〜っと感じます。

毎年、韓国系と中国系のお母さん達でクラスで旧正月のイベントをしてきましたが、今年もみんな張り切ってた〜〜。

私は風邪でかなりダウンしてたけど、子供のためにお母さん力振り絞って頑張った-.

今回もジュードとリオの2クラスを他の韓国系と中国系のお母さん達とまずはクラスの入り口のデコレーションから。

 

子供達はチョゴリに着替えてみんなに韓国や中国の文化を話して、各クラスで、旧正月の絵本を読んでそれぞれの干支の性格も知った後、ハングルで子供達の名前を筆ペンで書いてみました。

みんな知らないことを学ぶのがホントに楽しいみたいで、子供達の顔から笑顔がたえなくて私たち親も癒されますた。

リオちゃんも自分の韓国名ユーヨンジュとハングルで書きました〜。

何気に誕生石のエメラルドを描いてるところに母もびっくり。

こうやって、いろんな国のことを学べるアメリカの公立学校、素敵だわ〜♡

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × four =

PRbnr