TIAM

kids fashion magazine

people

心の扉がひらいた@キューバ

はじめてのキューバ。

ホテルについて、荷物の整理をするのももどかしく街にでた。

 

いろいろな場所から、音楽が聞こえてくる。

(キューバでは、多くのレストランでライブをしている。道で演奏していたり、スピーカーで音楽を聴きながら歩いていたり。)

車のクラクションの音。

街の喧騒。

(キューバの人達は、声が大きい人が多い気がする。主人も例外ではなく、もう少し小さい声で話してほしいと言っても、「男は力強く話すものだ」と言って聞き入れてくれない)

カラフルな洋服を着て、胸を張って歩く人々。

(ちなみに、キューバの人は上下同じ色の洋服を着るのが好きだったりする。例えば、赤いTシャツに赤いパンツ)

 

街を歩きだし、その雰囲気の中に身を置いた途端、今まで閉じていた胸の扉がパーンと開いたような気がした。

これがラテンの力?!

自分が生まれた場所を間違えたのではないかと思うくらい、はじめてのキューバに親しみを感じた。

今まで経験したことがない雰囲気にワクワクした。

(↑マレコンという堤防で、演奏の練習をするグループ。このマレコンは、キューバの大きな魅力のひとつなので、別の回でじっくり書きたいと思う)

指差し会話帳を手に話す人達はとても親切で、何より胸を張って歩く生命力溢れ出る人達に目を奪われた。

ひとり旅だったけれど、陽気で親切な人達のおかげで、全く寂しさを感じなかった。

(むしろ時々、ちょっと一人にしてほしいなぁと思ったりした)

もっと、キューバを知りたい!

もっと、この人達を知りたい!

そして、私のキューバ通いがはじまった。

 

つづく

Chao

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − ten =

PRbnr