TIAM

kids fashion magazine

people

FERNANDEZ FIS NATSUKO / KANAGAWA

キューバ音楽を聴いた瞬間から、猛烈にキューバへの恋がはじまる。
2016年には、スペイン語とダンスの習得、キューバの生活を体験することを目的に6か月キューバに滞在。
ハバナ大学にてスペイン語を学ぶ。

現在は、キューバ人の夫と男の子と日々キューバの風を感じながら神奈川県で暮らしている。

夫のキューバ風子育てを感心しながら勉強中。

あの暑さと喧騒と

キューバから日本へ帰国し、帰り道に眺める風景はいつも何故か灰色にみえる。

(私は決して日本が嫌いなわけではない)

 

そして、そう時間をおかずたまらなく恋しくなる

あの暑さ(日中のキューバは本当に暑い)

街の喧騒

車のクラクション

大きな笑顔の人達

 

キューバの友人、知人を思い出すと、決まって大きな笑顔が頭に浮かぶ。

表情豊かに、時にはウィンクを交えながら話す様子はとても魅力的で、私もこうありたいと思う。

(キューバにいる時は、私も日本にいる時より表情豊かに、そして力強く話している気がする。)

そして、うまく言えないのだけれど「生きている」

という強さが伝わってくる。

 

とにかく日中は暑く、扇風機しかないダンススタジオでのレッスンは時にツライけれど、それでも恋しく懐かしい。

(ちなみに、レッスンは笑顔で進むと思いきや、キューバ人インストラクターはとても基本に厳しく、できないとなかなか先に進めなかったりもする。)

暑いのに、長い髪は結ばずなびかせていたり、ブーツを履いていたり、ニット帽をかぶっていたり、オシャレにかける意気込みには感心してしまう。

女性は、年齢を問わずマニキュアをしている。

(私も、その時に流行っていた一色別の色にし、キューバカラーにしてみた!)

(ちなみに、キューバ人は靴をとてもきれいにしている人が多い。よく洗う。うちの主人は、日本人はみんななんで汚れたスニーカーを履いているんだ!?と驚いている。昨日も一生懸命靴を洗っていた。。。)

 

会社の夏休みごとに、毎年2週間くらい滞在していたキューバだけれど、どうしてもどうしてもあの人達の中、あのキューバで暮らしてみたいという思いが捨てられず、長く勤めた会社を退職し、半年のキューバ行きを決めた2016年。

つづく

Chao

(スコールで水が溜まった道を走るバスに捕まり滑る少年達。裸足!力強い!とめる大人はいない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 − seven =

PRbnr