TIAM

kids fashion magazine

people

NAO NAKABA / TOKYO

NAO NAKABA / TOKYO

FREELANCE CREATOR
Mediam / DESIGNER
LAGUNAMOON / CREATIVE ADVISOR


10代より販売員を経験の後
デザイナーに転身。
その後アパレルブランド
"LAGUNAMOON"のクリエイティブディレクターを務め、現在はフリーランスとして活動中。

2018年8月に、ブランドや時代の壁を越え「形にとらわれず変化を楽しむ」ことをコンセプトにしたレディス・キッズブランド
"Mediam"をスタートさせる。

一男一女の2児の母。


Instagram
@nao_nakaba
@mediam_official


Mediam Offichal Web site
https://www.mediamconnect.com

心のメモ

 

ご無沙汰しております!

予想はしていましたが、自分の書けなさ具合にあきれております。。。

すいません。

 

空白の時間に、娘は3歳になり

漏れなく「イヤイヤ期」が訪れ

プリンセスに興味を抱くようになりました。

 

息子はあと3日で6歳!

コミニュケーション能力が高まり、

記憶力が増し、時に私を戒めるようになりました。笑

 

仕事・育児・家事を主とした生活の中で

少し立ち止まって

自分の心と向き合う時間が取れない昨今。

 

ルームランナーの上で走っている感じ??

自分の人生が勝手に進んでいってしまっているように感じることが多々あって

たまに、知らないうちにスピードアップさせられちゃって

「なになになにーー?!」

という感じで時が去っていきます。

 

これまでの人生

心が弾けそうになる手前で

必ず立ち止まって考え、解決してきた私。

 

しかし、ここ数年

なんだかそれが出来なくなっていた。

 

さらには、娘の「イヤイヤ」に翻弄され

自分の器の小ささにイライラして

怒って、理由をつけて、正当化して、後悔して、モヤモヤして

「それが今の私」

 

PMSも悪化した。信じられないくらいイライラするしネガティブになった。

(現在、対策中)

 

そんな自分を隠したかったけれど

もう、コップギリギリまで溜まった感情は

Instagramからも漏れていたので 

同じような境遇や経験のある方に

共感の声をもらっては、

ひっそり心を癒したりしていました。

 

先日、Mediamをはじめてから

ご縁あって出逢えた友人達と食事に行った時

 

「私たちが出逢えたことも含め

今があるのは子供達のお陰だね!」って共感しあえた。

 

子供達の存在がもたらしてくれた

出会い・環境・思考

いろんな思いが一瞬にして駆け巡りました。

 

Mediamをはじめたのも

TIAMに出会ったのも

そこには全て息子と娘の存在があり

 

保育園で出会った大切なママ友達もそうだし

 

子供の存在が、私達に新しい選択肢をくれて

今、世界が広がっているのを感じている。

 

「子供に感謝だねー!とは言え

毎日怒っちゃうんだけどねー」って

言いながらみんなで笑っていたら

スッと心が晴れた。

 

息子が生まれて、もうすぐ6年。

 

母として、親として、どうあるべきか

永遠の課題ではあるけど

自分が1人の人間だってことを忘れてはならないし

自分の心と向き合う時間は失ってはいけない。

 

笑顔と感謝の源は “心”

 

今あるすべてに感謝。

私に沢山の感情と、環境を与えてくれた子供達に感謝。

 

そんな気持ち忘れないためにここに記します。

 

 

Instagram

https://www.instagram.com/mediam_official

Web site

https://www.mediamconnect.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three − 1 =

PRbnr