TIAM

kids fashion magazine

people

AYUMI NIBU / TOKYO

JUST ANOTHER SPACE / DIRECTOR

高校卒業後すぐに、渡豪、渡仏し、帰国後アパレルブランドに就職。

その後、再度ヨーロッパへ渡り、ロンドンのデザイン会社に勤務。
3年後日本に戻り、あらゆる業種の仕事を転々とし、クリエイティブスタジオANSWR(現THINKR)にたどり着く。

併設するGALLERY/SHOP/オルタナティブスペースでのマネージャー経験を経て、双子を妊娠、出産。現在はJUST ANOTHER SPACEに所属し、ディレクターとして従事する傍ら、”Have a piece of art in your life” をコンセプトとした子ども向けライフスタイルブランド「 VV3 (ベベトワ) 」を立ち上げ、2018年には、プロジェクト第一弾として、日本、US、EU (時々インド) を往来しているノマドアーティストNIKY ROEHREKEとのコラボレーションを実現。

今後VV3のさらなる展開はもちろん、子供のいる暮らしをより豊かにするための、新たなプロジェクト実現に向けて夢膨らませながら、日々、育児に奮闘中。

Website
http://vv3.tokyo/

はじめての手びねり陶芸体験!子供と一緒に行くならココ!@益子

母親の影響もあって、
昔から陶器がすき。

と言っても
“あの” 作家さんの、、
“あの” シリーズの、、
、、と語れるような
おしゃれなタイプの “すき”
じゃなくて、
陶芸部の学生の作品、
アンティークショップで見つけたもの、
旅行に行った先々で出会った子達、、と、
一つ一つストーリーのある器、
というのが多い。

いつか子供達と
何かつくりに行きたいなーと
ずっと思っていたけど
5歳での初挑戦(手びねり)は
ベストな年齢だったと思う。

今回、
益子陶器市に
毎シーズン欠かさず行っている
栃木在住の友人に教えてもらい、
2歳児男女の双子
+うちの5歳児の双子
+小学4年のサッカー少年
+各親大人3名というメンバーで
益子にある「よこやま」という窯元へ行ってきた!
 
2歳の双子ちゃんのバギーは、エレベーターがなかったので自力で!(この双子バギーの上げ下げも慣れたもんだわ。笑)かつ、お店の方が快く手助けしてくれた。。!

2階に上がって席を決め、
最初の15分、制作の流れと説明を聞いたら
さっそく作業スタート。

まず、大きなベースをもらったら、

作りたいお皿のサイズをマークする。

焼き上がりは20%以上シュリンクするそうなので
ふた回り程度(指2本分くらい)おおきめに。

マークした外側のラインに沿って切り取る

切り取ったら、お皿になるように

周りを持ち上げカーブをつくる

お皿の形ができたら、新聞紙を乗せて、

生地をスリスリ撫でて、表面を滑らかにする

▼BEFORE

▼スリスリAFTER

(ちなみに右のはICHIが余計な模様を施して、余計なスタンプを押したバージョン、、これも”味”ってことで、、そのままに、、;)
実際の制作時間はタイムリミットの2時間ギリギリ。
出来上がったあとは、サイズを図ってもらって、
金額を計算してもらい、お会計。

手びねり体験代|一人|2時間|1000円(税別)
+焼き上げ料金|小さいお皿(4寸)|600円(税別)
+送料

という計算なので、一人だいたい込み込み3,000円程度で体験できる!
ちなみに、二人が作って、わたしが整える作業をしたんだけど、
そのわたしのサポート作業代(体験代)は取られない。
子供2名分の体験代+商品代+送料のみ。
ありがたし!

そして、ここ、
陶芸だけでなく、同じエリアに
パン屋さん、ピザ屋さん、
カフェレストランや食器屋さんがあって
コンプレックスなのも子連れにはありがたい!

あと、「よこやま」は、
食器に色つけたり
絵を描けたりできるというのも人気の理由。
(他の陶芸体験では、釉薬が2〜3種類あって、そのなかから選ぶだけというのが普通らしい。)
アルファベットスタンプとかも貸してくれたよ。
 
2歳の双子ちゃんはねんどの感触に興味津々。
5歳の我が双子は創作、造形に夢中になり、
小学4年生は皿の絵付け(お絵かき)に、そして、
大人は、曲線美や滑らかさの追求に夢中になった。

ちなみに、我が子のカブトムシ愛はここにも。。

箸置きを作ったつもりらしいが、
(写真だとわからないけど、、)言ったら、
こぶしくらいのサイズ感。
巨大すぎて、どうすりゃいいんだこれ。

文鎮、、か。 (ブンチン需要、、ないわー、、)

実は今回、
「今から30分後の13:00〜の回、空いてますかー?」
という感じで、
当日の思いつきで、
車で窯元へ向かいながら電話で予約。
空いてれば当日でも入れるという感じ。
(もちろん事前に予約しといた方が安心!)

作業時間は約2時間。
途中飽きることもなく大人も子供も楽しめて、記念になるし、日々使えるし、もう少し大きくなったら今度ろくろにも挑戦したり、、子供から大人まで楽しめるってまさにこれ!と思った。絶対また行きたい。

栃木に行く機会があれば是非に!!

陶芸体験教室よこやま
〒321-4217栃木県芳賀郡益子町益子3527-7
0120-696-864
9:00〜17:00(最終受付15:00)
毎週月曜日定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + 1 =

PRbnr