TIAM

kids fashion magazine

people

FERNANDEZ FIS NATSUKO / KANAGAWA

キューバ音楽を聴いた瞬間から、猛烈にキューバへの恋がはじまる。
2016年には、スペイン語とダンスの習得、キューバの生活を体験することを目的に6か月キューバに滞在。
ハバナ大学にてスペイン語を学ぶ。

現在は、キューバ人の夫と男の子と日々キューバの風を感じながら神奈川県で暮らしている。

夫のキューバ風子育てを感心しながら勉強中。

やっぱりここ!マレコン

キューバの首都ハバナには、海岸沿いに伸びる歩道がある。

その名もマレコン。

この歩道がとにかく楽しい!

夕暮れ時から、人々が集まってくる。

週末の夜は、夜中の2時を過ぎても賑わっている。

(夕暮れ時のマレコン)

(マレコンで練習するミュージシャン)

 

キューバの家庭は、クーラーがない家が多い。

夕涼みをかねて繰り出す。

(でも、それだけではない)

 

家族で寄り添って過ごす人

恋人同士

歌っている人

友人達と来ている人

踊っている人

 

ここにくると、大切な人達と過ごす時間がとても大切な過ごし方だと実感する。

本当に。

(野外、海沿いだからその時間は彩りを増すような)

(夜中を過ぎても、小さな子供が家族と過ごしていたりして、早寝、早寝!と目くじらをたてなくてもいいのかなと思ったりする)

 

座っていると、花束、ポップコーン、ブドウ、ワイン、おもちゃなどいろいろなものを売る人達が目の前を通り過ぎる。

流しのミュージシャンも。

実に賑やか。

(私はこのブドウが好きだった)

 

私もよくマレコンに行った。

座って過ごしたり(だいたいお酒を飲みながら)、

とにかく歩いて、その雰囲気をあじわったり。

気がつくと夜中ということもしばしば。

 

キューバに行ったら

マレコンに行かずにはいられない。

(マレコン沿いのホテルに泊まった時に、先に伸びるマレコンを撮ったもの)

(マレコン沿いをココタクシーという、バイクのようなタクシーで通った時の写真。このココタクシー、ドアもシートベルトもないのに結構とばす。。。↓)

Chao

(明日は、主人がキューバの帰省から帰国する。

どんな香りを運んできてくれるのかな。。。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + seven =

PRbnr