TIAM

kids fashion magazine

people

FERNANDEZ FIS NATSUKO / KANAGAWA

キューバ音楽を聴いた瞬間から、猛烈にキューバへの恋がはじまる。
2016年には、スペイン語とダンスの習得、キューバの生活を体験することを目的に6か月キューバに滞在。
ハバナ大学にてスペイン語を学ぶ。

現在は、キューバ人の夫と男の子と日々キューバの風を感じながら神奈川県で暮らしている。

夫のキューバ風子育てを感心しながら勉強中。

キューバ風

今日もキューバ風小話をふたつ。

①分けあう

政治的背景などなどから、キューバは万年物不足。

そして、多くの人が少ない給料で生活している。

だからか、人々の間には助け合う、分けあう、貸し合う文化が自然に根づいているような気がする。

 

主人が日本で働きはじめた頃、会社で出たおやつが美味しかったからと、半分持って帰って来てくれたことがあった。

ほっこり、嬉しい思い出。

根っこにはそういう国の背景があるのかなぁと思った。

 

観光客が多く歩いている道で、時々、物乞いの人を見かけた。

どうしたら良いかわからず、思わず足早に立ち去ってしまっていた自分だけれど、お金を持っている観光客ではなく、キューバ人が缶にコインを入れるの何度かみかけた。

助け合う。。。

 

子供がパンを食べている時に、主人が「ちょっとちょうだい」と言ったら「イヤだ!」と言った。

(イヤイヤ期というのもあるけれど)

その時に、「分ける」ということをきちんと教えないといけない!と言った主人。

分けあう。

独り占めはしない、彼。

普段の生活の中でも、いろいろ分けようとしてくれる。

 

②ナチュラル

キューバにいた頃、昼と夜の寒暖の差が激しく、咳がずっと止まらない時期があった。

その時、主人が持ってきてくれた薬は、瓶に入った液体。飲んでみるととても濃い葉の味がした。

家族の誰かが具合が悪い時に、よく「〜の葉は日本にある?」と聞かれる。

咳が止まらなければ、オリーブオイルに塩。

(ちなみに息子はこれを舐め、さらに咳き込んでいた)

貧血には、シナモンに蜂蜜。

熱には、アルコールで身体を拭くなどなど。

いろいろなナチュラル療法!?の知識が詰まっている。

(もちろん、キューバにも錠剤などはあるけれど、ナチュラルなものもとても一般的。私の母親や祖母の世代もそのような知識が豊富だけれど)

 

冬に、私の体調が急激に悪くなった。

とにかく動くと吐き気をもよおすというどうにもならない状態で、廊下に横たわりながら救急車を呼んだ。

救急隊が来た時に、主人をみたら手にレモンを持っていた。

吐き気には、レモン。

 

国際結婚は、いろいろな文化が知れておもしろい。

 

Chao

(ナチュラル感満載)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 3 =

PRbnr