TIAM

kids fashion magazine

people

FERNANDEZ FIS NATSUKO / KANAGAWA

キューバ音楽を聴いた瞬間から、猛烈にキューバへの恋がはじまる。
2016年には、スペイン語とダンスの習得、キューバの生活を体験することを目的に6か月キューバに滞在。
ハバナ大学にてスペイン語を学ぶ。

現在は、キューバ人の夫と男の子と日々キューバの風を感じながら神奈川県で暮らしている。

夫のキューバ風子育てを感心しながら勉強中。

キューバに反抗期はない!?

うちの子は、2歳。

絶賛イヤイヤ期中。

日本では、イヤイヤ期と反抗期は成長の過程、この時期を通過して成長していくと位置づけられている。

なので、ある程度のことは仕方がないのかなと思っていたけれど、どうやらキューバ は違うらしい。

(あくまでも、主人が言うことだけれど。。。)

 

イヤイヤの中でも、反抗的な態度には厳しく対応し、小さなうちからRespeto(尊敬)する気持ち

を培っていくという。

だから、日本の思春期の反抗期は?という感じらしい。

小さなうちに、きちんと教えないからだと。

 

キューバのママ達は、怒ったらこわいよ〜

と、よく主人は言う。

でも、そのかわり子ども達はギャァーと言って反抗しないと。

日本はうちの子も含め、ギャァという子が多いことに驚いている。

小さなうちに、しっかりと教えなければ大きくなってから、その反抗はもっとひどくなると。

 

小さなうちにママが厳しくしつけても、みんなママが大好き。

大きくなってからもママと仲良し。

 

以前、キューバから日本へ帰国する飛行機の中で、母と息子(たぶん20才ちょっとくらい)のキューバ人親子と隣り合わせの席になった。

とにかく仲が良い。

さっき、空港でカップルだと間違われちゃったわ、と笑いながら言っていた。

うちの主人もママが大好き。

一番の友人でもあると言っていた。

私も子どもとそういう関係を築きたい。

 

キューバにいる時、年配の女性と仲良くなった。

ある時、私の友人が「あの人は、噂好きだけれど、歳上の人だから、彼女の意見には耳を傾けた方がいい」と、言われたのが印象的だった。

Respeto(尊敬)の気持ちを自然に持っている。

 

怒っても、全然こわくないと言われる日々。

 

楽しくて難しい子育て。

 

トイレトレーニング@キューバもなかなか衝撃だったので、そのうち書きたいと思う。

Chao

 

写真はキューバで出会った子供達。

瞳がキラキラしている。

元気いっぱい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 + three =

PRbnr