TIAM

kids fashion magazine

people

樽山リナ / TOKYO

スタイリスト
兵庫県生まれ。
スタイリスト
雑誌・カタログ・広告などで女性やキッズ、インテリアなどのスタイリングを手がける。がんばりすぎない等身大のスタイルがモットー。
2016年12月 男の子を出産。

instagram @taruyamarina

息子の”衣”のこだわり

スタイリストで子供服のスタイリングの仕事もしてるし、こどももオシャレなんでしょー?

とよく聞かれますが、自分もそんなオシャレできてないし(結局だるっとした地味な服が着心地よくて好きなのですが)、息子も全然そんなことはなく、周りと比べてもそんな仕事の割にはこどもの服をあまり買ってないように思います。

それは男の子だからってことも大きいけど、息子が超こだわりボーイだからかも。

 

靴なんて桜の頃から毎日長靴。

ハワイに行った時もエブリタイム長靴。

海の中へも長靴で入って水が入っても濡れていてもおかまいなし。

ハロウィンの魔女の仮装でも長靴。

アースカラーの靴を合わせたらかわいいんだろうなぁという服も魚屋さんのように。

もとは親戚のおさがりをもらって雨の日に履かせたのがきっかけだった気がしますが、一度サイズアウトした時に長靴なら何でもいいかなーと思って違うブランドの赤い長靴を買ったのですが、見て「かわいいね!」と言っただけで履くのは断固拒否!仕方ないので同じ長靴の大きいサイズをネットですごく探して買いました。

ネットで買える時代でよかった。

なので春に買ったNIKEのサンダルは一度も試着さえしてくれない状態で眠っています、笑

最近は晴れた日には足が蒸れてグッショリしてかなり臭いですが、ここまでくると1ヶ月に1回くらい、自らスニーカーを履きたいと言う日にはちょっとさびしく感じます。

ベランダにいるパパのところに行くにも玄関からわざわざ長靴を持って行ったりして、長靴愛おもしろいです。

いつまで続くのかなあ。ある日突然終わりそう。

 

靴がそんな感じなので服も靴よりはマイルドだけどこだわりがあり着てくれない服もあります。

まだ1歳の時にどうやってできたのか謎すぎるけどメルカリで勝手にアニエスのパンツを購入していたことがあるのですが、それは気に入ってるみたいです。

欲しかったのかな…いや、かなり謎です。

BOBOのTシャツにパープルと黒のボーダーがオシャレなアニエスのパンツにもやっぱり長靴。

BOBO CHOSESとGray LabelとPOPUPSHOPは息子はいつも好きだなぁと感じてます。

POPUPSHOPは秋冬からブランドが休止してしまったから復活してほしいとこだわりボーイのためにも願ってます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + nineteen =

PRbnr