TIAM

kids fashion magazine

people

REIKO / PARIS

会社員とストリートダンサーの二足のわらじ東京生活を経て、パリ郊外移住を40代でスタート。一児の母。

instagram @snack_reiko

3e jour (外出制限生活inフランス 3/19)

今日もとっても良い天気。
窓を開け外を眺めてる人が多い。
今回の騒動で、仏人が手洗い換気をこまめににするようになって実に清々しい。

 

昨日の大掃除で、おうちビンテージ発掘。
スマーフはキャーキャー♡ってなっちゃう人多いはず。
ちなみにフランス語ではシュトロンフ(Schtroumpf)。

レトロなゲームも沢山。
朝はおばあちゃんと「私は誰でしょうクイズ」をやってた般若アイドル。
子供はゲームのルール理解するの一瞬。

幼稚園から英語の歌の課題Youtubeが送られてきて歌う。
時代だな。
箱に集い一点を見つめ学ぶ。
この伝統的な方法はもう有効じゃないかもしれない。

お昼ご飯は、お手伝いタイム。
フランスあるある。
野菜をはさみで切る。
これはイタリアンパセリの茎を切って、葉っぱをコップに入れて、
コップにはさみを突っ込んでみじん切りにするってやつ。

カリムのママが日本の100円ショップに行った時、
おそらくシュレッダー用の五枚刃のはさみを見つけて超ウキウキして買い求め、
にんにくとパセリのみじん切りを作ってた。
サムライニッポンは刀鍛冶の技術で包丁も実に切れるし、
手先も器用だから皮むきもみじん切りも包丁一本でやっちゃうけど。

で、本日も外出申請書持参でランニング。

<3日目の私>
幸福感が増してる。
娘との作業や家事にイライラすることはなく、
むしろ創造欲をひしひしと感じる。
アーバンドライな性格の妙齢にはびっくりな心情変化。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 16 =

PRbnr