TIAM

kids fashion magazine

people

ATSUYO YANG / NEW YORK

ATSUYO ET AKIKO

大阪生まれの韓国人3世。
大学まで日本ででて、卒業してから韓国へ留学。そのあとニューヨークへ1年半留学してあきこと出会う。
日本に帰って、靴カバンのデザインを勉強東京イタリアへ行く。
大阪で2年靴会社でデザイン/プロダクションを担当。

2002年に結婚してニューヨークへ。
Tocca でインターンをはじめ、assistantデザイナーとして就職。
2007年 ATSUYO ET AKIKO 設立
2009年に双子の女の子Jude とRioが生まれる。

COVID-19 NY生活の現実。。。

NYは、3月23日からロックダウンになりました。

タイムズスクエアーも人がいない。。。

 

食料品の買い出しや、ちょっとお散歩に出る以外はできる限り外に出ない。人との交流はしないという状態です。

私もロックダウンになる前に自宅でできる仕事を持ち帰り、自宅でもの作りやパソコン上で出来る事をこなしている日々です。

NYは人はもちろん、車、自転車も多くていつもゴチャゴチャワイワイしているのに、今はシーーーーんとしていて、私の家の近所は住宅街でマンションも多く人が多いのですが、食材を買いに出るときもほとんど人には会いません。車もほとんど走っていません。

みんなしっかり自宅待機していることが実感されます。

ニューヨーカーの一人一人がそうする事で、新型コロナウイルスの感染を食い止められる確率は一気にグッと高くなるはずだから、みんな暗黙の了解で日々頑張っている状態です。

 

子供達の生活もガラリと変わりました。

ロックダウンになる1週間前の3月16日から子供達の学校はOnline Schoolが始まりました。

こんな感じでパソコンを通しての授業です。

 

朝8:30から先生とクラスのみんなとパソコン上で一日の日程を話し合いをして、その後各自課題をこないしていく生活になってかれこれ3週間ほど経ちます。思っていたよりもスムーズに子供達は慣れていってくれたので、心の中ではホッとしていますが、この状態が一体いつまで続くのかな。。。

 

今日は久しぶりに食材の買い出しに出たので写真をパチリ。

マスクとサニタイザーは必需品。

 

家の前の道。

いつもは観光客のインスタスポットで、すんごく人通りの多い道なのに今はこんな状態です。

ホントに人が歩いていない〜〜。

 

日本も大変な状況だと思いますが、ニューヨーカーの人達のように一人一人が実行していくことがカギになるので、皆さん実行してください。

ソーシャルディスタンス。

Stay safe, Stay Homeです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × three =

PRbnr