TIAM

kids fashion magazine

people

REIKO / PARIS

会社員とストリートダンサーの二足のわらじ東京生活を経て、パリ郊外移住を40代でスタート。一児の母。

instagram @snack_reiko

24e jour 実は春休み

※外出制限生活inフランス 4/9

超絶、良い天気だった。
日中は25℃越え!カラッと晴れてる。
太陽大好きフランス人達、公園でピクニックして日焼けして、
カフェでアペロしたいだろうなー
でも、外出制限強化されてますので、無理です。
が、、晴天続きでちょっと緩み始めた人々、、、

実は今週から学校がお休みです。
イースター休暇。
なので、ゆるーく過ごしています。
朝も起きてから、家族三人でベッドでウダウダ。
ご飯もテキトー。
アペロしまくったりー

 

今朝、昨日の騒音おばさんから一夜明け、
朝にカリムと冷静に少し話しました。
何か伝えたい時、お願いしたい時、自分の欲しい物を手に入れたい時
どうやって通すか、どうやってセクシーに手に入れるか。

渡仏して、なーんかしんどい時、
近所の黒人のおっさんに泣き言聞いてもらってました。
黒人の方々は、挨拶大好き。
「元気?旦那は?娘は?親は?おじいちゃんは?いとこは?….」
で、私は答える。
「いやー、元気ないっす。」
「うんうん、そうかー。大丈夫。もうちょっと我慢して。大丈夫。
 あれ、お前さんの仏語上達してるじゃん。娘も旦那も家族も元気、ほら大丈夫。」
心をほぐせるのは、色や系や籍ではなく人間のキャラクターね。
でも相性いいのよ、黒人方々とあたし。

 

今は、軟禁生活で他人と話す機会が少ないのは残念。
八重桜が満開。

 

軟禁学校
1限目:ウダウダ
2限目:ビデオで幼稚園
給食:ナスの肉詰め
3限目:バナナケーキ作り
4限目:砂場と衣替え
部活:バレエコンクールごっこ

<24日目の私>
昨日の騒音おばさんの余韻あり。
みんな優しくしてくれた。
私も優しくしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × four =

PRbnr