TIAM

kids fashion magazine

people

REIKO / PARIS

会社員とストリートダンサーの二足のわらじ東京生活を経て、パリ郊外移住を40代でスタート。一児の母。

instagram @snack_reiko

25ème jour インスタライブ

※外出制限生活 inフランス 4/10

本日も超絶、良い天気だった。
友達のインスタ見て、娘とピザを作ろうってなり
久々スーパーへ。
フランスは小麦粉が在庫薄?!
(一家族3袋まで)

昨夜、インフルエンサーのJunkoさんとインスタライブしました。
彼女は、コロナウィルス感染症の情報や、それに対する人々の生活、
国の規制や施策を色々模索してて、世界の街に住んでる友達とLIVEして
今どんな生活してるのかって配信してます。

彼女とはこのライブが始めまして。
先週ニュージーランド在住の私の友達が、彼女とインスタライブしてて、
それを視聴したのがきっかけ。
「じゃ、来週ライブしましょー!何時が都合がいいですか?」
このスピード感、好き&大事。

 

で、LIVEで話した内容の要約。
Junkoさんは起き抜け、私は寝る前でコロナビール片手に。
という状況だったので、ざっくばらん。

・外出制限にあたり、フランスではなぜこうするのかという説明がなされた。
日本はとても柔らかい表現だった。
・軟禁生活デビュー時の軟禁ハイはあるよ。
でも外出規制は長引く。だけど、気持ちの変化も楽しもう。
・コロナきっかけで、フランスにも手洗い&換気が習慣になりそうで嬉しい。
・石けんで手洗いする、日本の習慣教育は素晴らしい!
レモン石けんとネットを世界に配布して欲しい。
・何でもとりあえず人に聞く、頼んでみるフランス人。
日本でも、わからなかったり、不安だったら人に聞いてみようー!

中国の南京市レポートの件、ブラボーな事実。
去年上海に住んでた私は彼らなら可能だなと感じてる。ほとんど電子マネー、宅配は当たり前。
不可能を可能にするように臨機応変対応しちゃう、抜け道考えるのが得意な彼ら。
・渡仏して思うのが、制度の充実度は日本はかなり高水準。ハード面整えるの得意だと感じてる。
それに国民はのっかるって感じ。
フランスはハードはそこそこ、でも人間同士の交渉や行動のソフト面が強い。※私見です。
・次回はアメ横で!!!

ばばーと1時間話して感じたのは、やっぱ人と母国語で色々話すのは楽しい。
やりたいと閃いてやったり、言いたいって感じて言うのは、呼吸。
間違ってたり、後で考えが変わったら、ごめん私の意見変えますって訂正すればいい。

軟禁学校
1限目:ウダウダ&仏式人生ゲーム
2限目:ピザの買い出し
給食:残り物
3限目:ゆっくり
4限目:ビザ作り
部活:アフリカンダンス

<25日目の私>
元気。桜や花々の匂いをとても感じる。
まず人に優しく、自分にも優しくしたい。
子供は聡明で天使。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 2 =

PRbnr