TIAM

kids fashion magazine

people

SHIHO LAYNE / CONNECTICUT

四年前に渡米。
非常勤講師をしながら、アメリカコネチカットで三人娘を子育て中。

Book clubへ

こんにちは、Shihoです。

先日、在アメリカ4年にして、初めてBook clubなるものに参加してきました。

Book club とは基本、課題に出された一冊をその日までに読み、ホストが中心となって内容について深く皆で話し合う、という非常に知的な集まりである、、が、実際は、、ワインを片手に楽しくおしゃべりをする社交場である(つまり女子会🍷)という噂。

ママ達と話していた時に、Book clubで読んだ本がーと出てきたので、

Book clubって何するの?

と聞いたら、

来てみる?

と言われ、今回参加することに。

まず最初の難関は、本を読むこと。

お恥ずかしながら英語の本は最後まで読んだことがない。しかし言われてから期日までは1ヶ月。ちょっとずつ読めばいいわーと思っていたら、

 

あと三日( ゚д゚)

 

400ページちょっと。翻訳使って始めてみたら、

 

意味全然わからへん( ゚д゚)

 

こりゃ私が訳した方がましだわ、と一つ一つ意味を調べならがら読んでいくと、

 

これ絶対終わらへん(´∀`)

 

てなったので、もうよっぽど気になった言葉以外は飛ばして読んでいきました。

そしたらなんとなく内容が見えてきた!これはよめるかもしれん、と希望の光が。それでも子供達が寝てから読んだら初日は20ページ、二日目は50ページまで。三日目は仕事もないし、夜clubが始まるまでにできるだけ読んだらあとは義母に内容教えてもらおう(義母がこれを見越して先に読んでてくれた)とか考えてたらふと気づいた。

手土産、、いるかも、、

初めて入れてもらうし、ここは気に入ってもらうためにもインパクトがあるものがいいだろう!と、

マカロンを作ることに決定。

マカロンは焼く前の乾燥に時間がかかるがその間に読めばいいじゃないか。と、作り始めてみた。

全然乾燥しない。汗

前日の雨で湿気が多いことに加え、容量を間違えていたのか表面もよくなかったので二トレー分やり直し。

覚え書き。

“気持ちの乱れはマカロンの乱れ。

手土産は当日に作るべからず。”

 

それでもなんとか完成。

ここから夕飯作ったり、ラクロスの練習連れて行ったりして、結局読めたのは全部で100ページ。

そしていよいよbook clubへ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 7 =

PRbnr