TIAM

kids fashion magazine

people

FERNANDEZ FIS NATSUKO / KANAGAWA

キューバ音楽を聴いた瞬間から、猛烈にキューバへの恋がはじまる。
2016年には、スペイン語とダンスの習得、キューバの生活を体験することを目的に6か月キューバに滞在。
ハバナ大学にてスペイン語を学ぶ。

現在は、キューバ人の夫と男の子と日々キューバの風を感じながら神奈川県で暮らしている。

夫のキューバ風子育てを感心しながら勉強中。

長距離バスの旅@キューバ②

Hola(こんにちは)。

最近は、作って楽しむ→食べて楽しむの日々で、怖くて体重計にのれない私です。

でも、ゆっくり時間をかけて料理をするのって楽しいなぁと思う日々。

 

前回書いた長距離バスの旅、前編と後編で終わりにする予定でしたが、どうやらもっと続きそうです。

お付き合いください。

 

キューバ第二の都市、音楽の都サンティアゴ•デ•クーバ。

ハバナとは全然違う雰囲気だった。

ハバナのようなギラギラ感がない。

ハバナの生命力溢れるギラギラ感も魅力だけれど、サンティアゴは、街の雰囲気も人々もナチュラルな気がした。

とても居心地がよく、あ〜留学先をサンティアゴにすればよかったと思ったほど。

人生が2回あるなら、サンティアゴに留学したい。

 

憧れだった由緒あるライブハウスにも、連日通えた。

ある日は、大所帯のグループのライブ。

ある日は高齢の母親が歌い、(たぶん)息子がギターを演奏するデュオだったり。

(学生ビザを持っていたので、とっても格安でライブのチケットを買うことができた!)

(ライブハウスで撮りました!)

彼はレゲトンなど今時の曲が好きで、一日は別行動。

私は、ライブ。彼はプールやゲームセンターのようなものがある遊戯施設へ。

合流した時、彼の目はキラキラ輝いていた!

本当に。

はじめて、3Dのアトラクションを体験した彼。

目を輝かせて、どんなに楽しかったかを熱く語る。

是非私にも乗って欲しいと。

妊娠中に乗るのはどうかと思ったけれど、キラキラの目を前に、言い出すことはできなかった。

 

ハバナでの移動は、乗り合いタクシーだった。

(この乗り合いタクシーで一話書けるくらい、乗り合いタクシーは奥が深い)

サンティアゴでは、バイクタクシー。

どうやってみつけるのか不安だったけれど、簡単だった。

空のヘルメットを持って走っているバイクがそれ。

人生の中で、バイクに乗った経験はほとんどなく、

乗ったものの、カラダに手を回してつかまるのもどうかと思い、遠慮がちに乗った。

(バイクタクシーに乗る私。別の運転手さんに、妊娠中は横乗りが良いと言われ、横乗りしたけれど、怖かった)

大好きな街歩きでは、チュロスとレモネードを片手に歩くのがお気に入りになった。

(サンティアゴのチュロスは、中にクリームが入っていてとても美味しい!ちょうど隣のお店でレモネードを売っていたので、この最高の組み合わせができた)

 

熱いのが好きな方は、夏のカーニバルの時期に

サンティアゴに訪れるのがいいかも。

打楽器のグループがねり歩く、熱い熱いカーニバル。

いつか、カーニバルの時期に行ってみたい。

Chao

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 − four =

PRbnr