TIAM

kids fashion magazine

people

REIKO / PARIS

会社員とストリートダンサーの二足のわらじ東京生活を経て、パリ郊外移住を40代でスタート。一児の母。

instagram @snack_reiko

ボルドー 市街地

ルポルジュ桃源郷から車で1時間ちょっと。
ボルドー市街地に住む友達の家に移動。

着いて早々、温かいシャワーを浴びたのは私。
便利で気持ち良いもの、やめられない。。。。

 

 

トゥールーズ市街地とはまた違う美しさ。
小さなパリって感じ。移住先として人気なのもわかる。
オスマン調の建物も多いが、高さが低いので空が広く感じる。
パリからTGVで2時間だし。
物価や洒落た店の多さ諸々、パリと変わらないって印象だが、
首都ではない地方都市の開放感がある。

 


カヌレ
のお店があちこちに。
ボルドーの銘菓らしい。
大大大好物♡
(蛇足:クイニーアマンは日本のパン屋の方が美味しいです!)

ボルドーの竹下通り。(マスク着用義務)

レンタルバイクは、ベスパ。


観光名所、水の鏡。

3軒目の滞在先、ヴィクトワールとピエールは1年前までパリに住んでた。
彼女は親戚がいたり、別荘があったりで、ボルドーには縁があった。
仕事もボルドーで出来る。
ピエールはカリムの地元の友達でパリ郊外出身。
パリの仕事は辞め、ボルドーで仕事を見つけ転職した。
思い切って家も買った2人。

 

そして、移住きっかけで赤ちゃんも授かった。
生後6ヶ月のマーゴ。
ママのおっぱいが大好きで、哺乳瓶を拒否。
でもママは仕事復帰の為に断乳したい。

 

 

引っ越し準備で、不妊治療を中断してた時ににふわりと。
不妊治療って大層な言葉だけど、フランスだともっと日常的なこと。
そろそろ欲しいなあとカップルで話始めたら、そうだ病院行こうみたいな。
保険でカバーされます。(年齢制限あり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + 7 =

PRbnr