TIAM

kids fashion magazine

people

SHIHO LAYNE / CONNECTICUT

四年前に渡米。
非常勤講師をしながら、アメリカコネチカットで三人娘を子育て中。

Book club とは

Book  club スタートは7:30。

7:00には義両親宅に三姉妹&ブラウニー(チョコラブミック1歳) を預ける予定。

ぎっりぎりに出来上がったマカロンボックス。

うん。やっぱりマカロンは見た目可愛い。

今回ホストしてくれる家が義両親宅から3分のところだったので、早すぎず遅すぎず、30分に出発。

8人参加中、3番目に到着。普段あまり自分から知らない人と話さないので、紹介してもらうもかなり緊張。

あとからあとから人がきて、ハーイ! nice to meet you-なんてやっていたら、一人が完全に無視。絶対に目線を合わせない。気づいてないか?と真横で再度試みるも絶対にこっちをみない。

友人に目で助けを求めてみる、と、友人も気づいていて即座に、紹介してくれた。

なんとか会話をしたけれど、あまりにも最初の避け方が露骨すぎて、私が歓迎されてないのか、この人が変わった人なのか、と考え一人でちょっとウケる。

そしてワイン片手に談笑すること2時間半。いつ話すかなーいつ話すかなーと思ってたらついに本の話題が!

まず、本を最後まで読んだ人は3、4人。(わたしより読んでない人いた♪)

そして三つ、四つ本に関する質問して、本の話題終了ー!だいたい15分くらい?笑

100ページしか読んでなかったけど問題なかった。

ちなみにもしや避けられてる?と心配した彼女、グルテンがだめな体質だったらしく、マカロンはグルテンフリーだよ、と教えてあげると喜んで二つも食べてくれてくれて、You made my day!! と言ってくれました。極度の人見知りだったんですね。たぶん。(๑˃̵ᴗ˂̵)

今回最後まで読めなかったけど、読むのもclubも自分の英語の勉強にもなったし、次回は最後まで読めるように頑張ります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 1 =

PRbnr