TIAM

kids fashion magazine

people

ASUKA ISHIKAWA / TOKYO

TIAM FOUNDER / PR

キッズから大人まで国内外のファッションブランドのPRと、広告のアートディレクションを手がける。
その経験と知識を集約しキッズファッションマガジンTIAMを立ち上げる。

14歳と11歳、ラブラドールと猫二匹の母。

instagram @asuka__ishikawa

今も現役な母のこと

今朝、高田賢三さんの悲しいニュースを見て、

「小さい頃、KENZOばかり着て育ったな・・・」

と非常に残念な気持ちと、幼かった頃のことを思い出した。

 

私が今この仕事をしているのは、

母の影響が200%。

 

幼い頃から働く母親しか見たことがなく、

お弁当を作ってもらった記憶も、

保護者会に参加したことも恐らくなくて、

普通のお母さん像がわからないで育った。

 

その代わり、

物心つく前から商談に同行したり、

工場さんへ行ったり、

母の仕事が特殊だったので、よく親子や兄弟で撮影に呼ばれて

訳も分からず雑誌に載せてもらったりしていた。

 

それでも、当時の私は母が何の仕事をやっているかよく分かっていなくて、

そしてあまり興味もなく。

高校生になり、将来を考え始めた時に

「アパレルだけは、母の会社だけは絶対に嫌!」

と思っていたはずなのに。

 

その後、ごくごく自然にアパレル業界に惹かれ、

母の会社をサポートするようになり、

今はそれぞれ別の会社を持ち、

たまに一緒に仕事したりしている。

 

私を産んで、着せたい服がないからとPATACHOU(パタシュー)

というベビー・子供服ブランドをスタートしたのが私が3歳の頃時。

 

 

そこから35年間。

ブレずに未だに現役を貫く母も信じられないことに、今年70歳!

お互いにずいぶんと歳をとったなと。

 

この写真は一緒に仕事した最新のPATACHOUのビジュアル。

 

母が作って、私が広げ伝える。

なんだかんだで15年くらい、親子とは違った距離感でやっています。

 

 

「自分で(会社)やってみなさいよ。そうしたら分かるから。」

母の会社を手伝っている時に、何度も言われたセリフ。

 

会社を設立して3年目に入って、いかに続けていくことが難しいことなのか

とてもよく分かった。

単純に売り上げとか、そういうことだけじゃなくて、

特に女性は難しい問題にたくさん直面すると思う。

(母は仕事しながら4人出産したけど)

 

すごいよ35年は・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − 13 =

PRbnr