TIAM

kids fashion magazine

people

AYUMI NIBU / TOKYO

JUST ANOTHER SPACE / DIRECTOR

JUST ANOTHER SPACEに所属し、ディレクターとして従事する傍ら、「 VV3 (ベベトワ) 」をはじめとした、子供のいる暮らしをより豊かにするための、様々なプロジェクト実現に向けて、日々仕事育児に奮闘中。双子の母。

Instagram
@nves_saint_laurent

Website
http://vv3.tokyo/
http://justanotherspace.com/

奥多摩で釣り…からの温泉!定番コースになりそう・・・

“都外への外出自粛中” 色々考えてたどり着いた
清流と山々の豊かな自然に囲まれた東京の避暑地「奥多摩」

初めて奥多摩へ行ったのは都外自粛真っ只中の7月末。
小雨が降り続く日で、、増水によりお目当ての釣り堀はクローズドだった。。

今回は、あの夏の日のリベンジに行ってきました。


ちなみに前回、増水で向こう岸にすら行けなかった時の写真がこちら😅

ここは、テントやBBQセットを河原に持ち込みできるのも嬉しい。
ちなみに、車は受付横まで乗り入れることができる。

我が家は、魚の放流時刻に間に合わなかったので、
(放流は①朝9:00〜9:30頃、②昼12:30頃の2回らしい)

今回は、釣り堀利用にしました。
400円の竿を2本借りて、釣り堀利用料(竿+エサ代)合計=800円

   
ちなみに餌は練り状なので、ママも安心。

魚が取れたら、ここで串に刺してもらいます。
(おじさんはみんな怖いor感じ悪いのでお兄さんにお願いするといいよw)

魚1匹 330円で買い取り(リリース不可)

今回うちは二人で 7 匹釣ったので 330 x 7 = 合計 2,310円

今回は手ぶらで行ったので、1000円の小さいBBQセットを借りました。
(網1枚/木炭1キロ/着火剤/火ばさみ付き)

※ちなみに、持ち込みの場合、まき1束:500円、木炭3kg:900円で販売もしているようでした。

魚とBBQコンロを持っていざ河原へ。
着火剤があるから火起こしは楽チン。すぐに準備OK。

ここのニジマスは身がたっぷりでホクホク。
二人もそれぞれ2匹づつ食べたけど、足りなかった模様。。

自分で釣った魚を、自分で焼いて食べるって、格別だよね。

釣り&BBQを楽しんだ後は、
ちょろちょろ流れる小川で水遊びするもよし。
橋を渡って反対岸をお散歩してもよし。

ここの営業時間は16時まで。
まだまだ時間がある!となればまぁ、いっちゃうよね、、

温泉。

 

東京への帰りルートで検索して見つけたこちらへ。

「昭島温泉 湯楽の里(ゆらのさと)」

いっぱい遊んで、お風呂に入って、夕飯食べて、、

帰りはきっと車で寝ちゃうね〜。。

と話していたら、車までも辿り着けず、ご飯中にZzz…

 

だよね。笑

 

 

帰りはとっても静かな車内。

こんな帰りドライブも、実は嫌いじゃない。

 

ちなみに、前回の雨が降ったり止んだりの奥多摩、結局その後、どこに行ったかも、こちらにまとめておきまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 − 2 =

PRbnr