TIAM

kids fashion magazine

people

ASUKA ISHIKAWA / TOKYO

TIAM FOUNDER / PR

キッズから大人まで国内外のファッションブランドのPRと、広告のアートディレクションを手がける。
その経験と知識を集約しキッズファッションマガジンTIAMを立ち上げる。

14歳と11歳、ラブラドールと猫二匹の母。

instagram @asuka__ishikawa

娘の矯正事情

以前ブログにも書いたことがある

小学5年生の娘の歯列矯正。

 

前回反響があったので、やはり悩んでいるママは

多いんだな・・と。

ご参考までに、その後どうなっているかを記しておきます。

(自分の記録用にも)

 

キラキラパープルのマウスピースは記憶にある限り半年ほど

使用したけれど、娘の歯はウンともすんとも言わなかった。

キラキラパープルのマウスピースについてはこちら参照

 

そこで、次のステップへ。

急速拡張器と呼ばれるシルバーの器具を上顎の内側に固定。

毎朝晩、母がネジのようなメモリを専用の器具でくるっと1メモリ回すと、

拡張器が歯を内側から外へと押し出す仕組み。

 

文字での説明がなかなか難しいのだけど、

要は上顎の成長を促進して、入りきらない歯が入れれるスペースを作る。

娘の場合は噛み合わせも上下逆なので、上顎が前にくるようにするため。

もある。

 

ネジを回す期間は2週間。

「痛い痛い」

と涙して、大好きなご飯も食べられず、

豆腐とスープと終盤はかろうじてうどんが食べられるように・・・

という、見ていられないくらい痛くて可哀想だった。

 

でも、その甲斐あって、たったの二週間で

ギッチギチでスペースゼロだった前歯にびっくりするような

隙間が!

(5mm以上)

 

「鼻の通りもよくなるよ〜」

と先生。

こんな小さな装置で、鼻のあたりの骨から動かしてるんだって。

そりゃあ、想像するだけでも痛いわ・・・。

 

ここからあと二ヶ月放置して、自然に骨ができるのを待ち、

すきっぱが徐々に閉じていくんだそう。

 

ここまで割とのんびり矯正と向き合ってきたけど、

ここにきてすごいスピードで進んでいっていて、

やはり信頼できる先生との出会いは大事だなぁと改めて思っています。

 

よく聞かれるのでご紹介。

こちらの小児専門の矯正歯科に通っています。

 

しぶたに矯正歯科

東京都世田谷区野沢2-6-18

 

今は大変だけど、将来大人になった時に後悔しないよう、

頑張れ娘!

 

歯列矯正の費用は、私が子供だった頃と変わらず

最終的にはトータル100万円ほど・・・

とのこと。

・・・頑張ろう私!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + seven =

PRbnr