TIAM

kids fashion magazine

people

AYUMI NIBU / TOKYO

JUST ANOTHER SPACE / DIRECTOR

JUST ANOTHER SPACEに所属し、ディレクターとして従事する傍ら、「 VV3 (ベベトワ) 」をはじめとした、子供のいる暮らしをより豊かにするための、様々なプロジェクト実現に向けて、日々仕事育児に奮闘中。双子の母。

Instagram
@nves_saint_laurent

Website
http://vv3.tokyo/
http://justanotherspace.com/

#1 健康志向でもない私が「5日間ファスティング」をした理由

※ファスティングマイスターのアドバイスのもと行っています。

美容好きでも、健康志向でもない私がファスティングなんて
絶対できるわけないと思ったし、
「全く食べないで過ごせるなんてすごいなー」と
横目でただただ尊敬の眼差しでみてただけだったし、、
まさか自分がって、今でも思ってる(笑)

<そもそもなんでファスティングやることになったの?>

経緯はと言えば、友達との話の流れで、
「やる?」 「え、まじでやってみる??」 から始まって、
数日後、「え、どお? 本当にやる?」
って感じで、お互いあとにも引けなくなり
えいっ!もう、やるっきゃない!となった感じ。笑

つまり、相当な覚悟を持って!とかではなく、
わりとヌルッと決めたw

でも、彼らと一緒だったから、
一つのイベントごとになって、
情報を共有し合い、励まし合い、支え合い、、w
結果、ダブル夫婦のチームファスティング本当によかった。

<何日間やる?3日?5日?>

当初、はじめてで怖すぎるから
「3日にしよう!」
という話だったのが
なぜ5日になったかというと、
(詳しいことは「ケトン体」「オートファジー」でググってもらいたいんだけど)
→ 48時間の飢餓状態で
→ ケトン体50倍以上発生し
→ “細胞が自分を食べる『オートファジー』”ってのが始まる

つまり、
デトックスや脂肪燃焼が期待できるのが3日目の夜からなので
3日目で断食をやめてしまうともったいないということらしい。

実際、体感としても5日目がまさに最高潮だった。

体は軽いし、開始後初めて空腹を感じない、、
ファスティングしていることすら忘れてしまうほどの爽快感。
(ジュースファスティングとかだとまた違うかもだけど、、)
もし、、、酵素ファスティングするなら
是非とも5日をおすすめしたい。。

今考えると3日目の夜が一番辛かったかも。。
どうせあれを乗り越えるなら5日間やった方がいい!
ちなみに、一緒にやった友人夫婦は
5日目に“全然まだイケる”と、急遽日数追加。
6日目にはさらに−0.7kg行ったらしい。(羨)

 

結局、トータル何キロ痩せたか、、?!
そして、おすすめのスケジュールは、、?!

次回にまた○

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + twelve =

PRbnr