TIAM

kids fashion magazine

people

ASUKA ISHIKAWA / TOKYO

TIAM FOUNDER / PR

キッズから大人まで国内外のファッションブランドのPRと、広告のアートディレクションを手がける。
その経験と知識を集約しキッズファッションマガジンTIAMを立ち上げる。

14歳と11歳、ラブラドールと猫二匹の母。

instagram @asuka__ishikawa

時間の使い方

少し気が早いけど、

クリスマスツリーの準備を始めなきゃ

と思うと、年末もすぐそこまできてるなと実感する。

 

そうすると今年1年を振り返ることが多く

なるんだけど、今年は本当に色んなことが

変化した1年だった…

 

世界中が予想もしなかった事態になり、

私の場合はその間に結婚して、

結婚式まで挙げて。

 

家族構成が変わったことで

生活が一変したけど

それと同時に働き方もすごく変わった。

 

「無駄な移動時間を極力なくしたい」

と思うようになり、以前は毎日外に出ていたけど

対面不要なMTGはできるだけオンラインに。

 

最初は

「会わないで打ち合わせするのもなんだかなぁ〜」

と思っていたんだけど、慣れてくると実際に対面しているのと

変わらない感覚でMTGできて、移動時間の短縮になる。

そうして、週1、2日はオンラインMTGの日にして家にいるようになった。

 

夜の付き合いやイベントも必然的に減り、

今までは夕飯時間に帰れないことが多く

それが当たり前になってしまっていたけど、

ご飯を作って家で食べることが当たり前になり。

 

深夜まで開いていたPCは家族時間になると閉じられ、

以前は週末も関係なく仕事していたけど、最近は気を使って仕事先にも

連絡をしなくなった。

なんだか、すごくいい変化だなと思っている。

 

 

引き続き今の楽しみは、

キッズが寝静まった後の静かな時間。

 

照明を落として、

好きな香りのキャンドルを焚くと

それだけでいい雰囲気になる。

 

 

最近のお気に入りはイギリスのEarl of Eastのソイキャンドル。

リピート書いしたキャンドルはこれが初めて。

この香りが大好きすぎて、寝室用にルームスプレーも購入したほど。

 

子供がいると、特に小さいと、

ゆっくり香りを楽しむなんてことはできないからとても贅沢なことだと

思うんだけど。

子供達が大きくなって、ようやくこういう時間を作れるようになった。

 

先日SHAKAのインタビュー

「家事に仕事に日々多忙でありながら、どこか余裕のある生活を送ることができるのはどうしてでしょう?」

と聞かれまして。

同じようなことを、よく人に聞かれるんだけど

「完璧にしようと思わないこと」

と、この時も即答だった。

 

自分のことだけでも大変なのに、

子育てと、人によってはそれに仕事や家事がプラスされ、

それを全部完璧にこなそうと思ったって絶対に無理。

 

大事なポイントは押さえつつ、

後回しでいいことは

「まぁ、いっか」

くらいの気持ちで生活していると、

香りとお酒を楽しむ時間が生まれます(笑)

 

今年一年で、自分にとっての大事なこと基準

時間の使い方が、大きく変わった気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + 15 =

PRbnr