TIAM

kids fashion magazine

people

AYUMI NIBU / TOKYO

JUST ANOTHER SPACE / DIRECTOR

JUST ANOTHER SPACEに所属し、ディレクターとして従事する傍ら、「 VV3 (ベベトワ) 」をはじめとした、子供のいる暮らしをより豊かにするための、様々なプロジェクト実現に向けて、日々仕事育児に奮闘中。双子の母。

Instagram
@nves_saint_laurent

Website
http://vv3.tokyo/
http://justanotherspace.com/

#5 ファスティング後半2日間は爽快ゾーン突入(腸揉みチネイゼン体験談! )

※ファスティングマイスターのアドバイスのもと行っています。

■■■ ファスティング4日目 ■■■(木曜日)

ファスティング中は、食べていないので、とにかく体が寒い。
冷え性知らず、冷水好きだった私も、すっかり白湯に慣れた(おばあちゃんw)
にしても1日2Lのお水を飲むというミッションは意外と大変、、

そして、本日4日目。

ファスティングとセットでやることを推奨されている、
「よもぎ蒸し」と合わせて、妹から聞いて気になっていた
「チネイザン」というタイ古式お腹リンパマッサージ(=内蔵デトックス)
に行ってきた。

チネイザンの
「チ」は=気、「ネイザン」は=内臓、を意味するらしく、
身体の中心となってる「おなか(内臓)」に溜め込んだ、
悪い「気」とか「老廃物」をデトックス(排出)する
「おなか」をほぐすおなかリンパマッサージというわけ。

まず「気」の流れを良くする為に、
あたまのてっぺんから、足の先までほぐしてくれて
身体全体のチカラが抜けたところで、
ホットストーンを使って
おなかを温めながらのマッサージ。
ボティーマッサージのリラクゼーションに加えて
なんというか、安心感?による心地よさみたいな?
お腹が温まって、解きほぐされるって、
うまくいえないけど、本当によかった。

そして、「おなか」といえど、
そこは女性にとっては、
「子宮」がある場所とも言える。

ここだけの話、
今回、チネイザンの効果か、
ファスティングの効果かはわからないけど、
今月きた生理の経血がさらっさらの精血でビックリした。
絵具を水で薄めたような本当にきれいな色で、、
生理不順や妊活、婦人科関連の問題を抱えてる人が
定期的に通っているというのが納得。

これはファスティング関係なくまた行きたいな〜と思った。

しかも、でもこの効果もあってか、
今日はトイレに6回くらい行った・・。
でもお腹が痛いわけじゃなくて、
ただただデトックスしてる感じ。

超不思議体験。

 

■■■ ファスティング5日目 ■■■ (金曜日)

ついに最終日。

昨日から続く “デトックス” という名の“下痢”?
(と言っても痛みや不快感を一切伴わない) は続いている。
けど、

夜の深い眠り、
目覚めの爽快感、、
視界がすごくパッキリ鮮やかで澄んだ感じ、、
ファスティング中だということをふと忘れるくらい
空腹感がなく、体が軽く、清々しい、、、、

明らかにちがうフェイズに入った感覚がある。

これを経験できただけでもやった甲斐があったなと思える。

そしてそれが、今日で最後か、、

と思うと、この気持ち良さを知った矢先で
ここでやめちゃうのは、少しもったいないなーという気持ちにすらなる。
わたしもジュースが余っていれば、6日間やりたかった、、


とりあえず、
「すっきりダイコン」の準備はばっちり。
(大好きすぎる納豆はフライング買いw)

次回は、久しぶりの固形物。
大根が“ほうき”の役目となり
腸の毒素を一気に洗い流す
5daysファスティングで一番重要なこの儀式。
ドキドキワクワク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + 6 =

PRbnr