TIAM

kids fashion magazine

people

REIKO / PARIS

会社員とストリートダンサーの二足のわらじ東京生活を経て、パリ郊外移住を40代でスタート。一児の母。

instagram @snack_reiko

28ème jour (フランス軟禁生活シーズン2)逞しく生きる

今朝の朝焼け、綺麗だった。
日が昇るのが遅い西の国、この時期は早起きしなくても、
東雲を拝める。

先日のブログで、Nonと言える図々しさとYesと言いはる図々しさ
フランスではよくも堂々とNonと言えるなあと実感した。

中国のそれは、去年の上海駐在時に体験。
図々しいとも言えるが、逞しさだな。
携帯電話の修理を頼んだ、たぶんもう修復不可能。。
でも彼らは「出来る。やってみる。」と引き受ける。
で、案の定出来ない。

カリムの仕事場、上海のアニメーションスタジオへよくリラと遊びに行った。
そこでの彼らの仕事ぶりも逞しかった。
修正や訂正箇所がある時、「これ全然ダメ、直して。」「はい、直すよー」
自分の間違いを指摘されても、凹まない。気にしない、クヨクヨしない。
目の前の仕事を受け入れこなす。早い。
しかも、こんなソリューションありますと押し売りもしてくる。

中国はまた行きたい国。

<28日目の私>
今日もマダムとフランス語レッスン。
彼女はもう御歳80歳越え。疲れるよね。。
刺激はあるけど、他人に教えるってエネルギーが必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × one =

PRbnr