TIAM

kids fashion magazine

people

REIKO / PARIS

会社員とストリートダンサーの二足のわらじ東京生活を経て、パリ郊外移住を40代でスタート。一児の母。

instagram @snack_reiko

Jour56(フランス門限生活) リサイクルショップの聖地エマウス

リサイクルショップと言えばEMMAUS(エマウス)。
司祭であり慈善活動家のピエール神父が設立したフランスで有名な慈善団体です。

パリやパリ郊外にいくつも店舗があります。
ググってみて。

  

郊外の店舗に行ったので倉庫のような場所。
この雰囲気も好き。

 

家具も沢山。全て不用品を回収し、綺麗にしたり修復したもの。

 

場所があればいくらでも置きたいソファやランプ。

もちろん電化製品も修理済。

きゃーー♡可愛いランプ♡♡♡

食器も素敵なのが沢山あります。

額も新品より味があるし、安いし、要チャック。
うちにあるほとんどの額はリサイクルショップで買ったもの。

 

本やレコード、DVDも。あ、ポストカードも。

 

シーツや布巾、布ものは昔おばあちゃんが好んだ様な柄が個人的にはツボ。
まだまだ使える。
洋服は掘り出し物あります。(手前のNIKEのスウェット可愛いじゃん)

<56日目の私>
クリニャンクール蚤の市に行った。
月曜だったこともあるが、閑散としていた。。。
ブロカントの強みはアクセサリとジュエリーだなと再確認。
他は、リサイクルショップで掘れる。
お昼ごはん食べながら、飲んで、喋って楽しかった。
次はテキーラね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − two =

PRbnr