TIAM

kids fashion magazine

people

REIKO / PARIS

会社員とストリートダンサーの二足のわらじ東京生活を経て、パリ郊外移住を40代でスタート。一児の母。

instagram @snack_reiko

Jour 9(フランス門限生活) かぼちゃの煮付け

アジア系スーパーでカボチャを見つけたので、煮付けました。
カリムの好物だから作ります。
私は苦手。

10年くらい前に父方のおばあちゃんの調子が悪くて、母と料理を作って届けていました。
その時に毎回カボチャの煮付けをリクエストされ1年くらい作り続けました。
そのお陰でかなり上手くなったけど、もう見たくもなくなった。
当時はちょっと面倒だなと思ってたけど、こういうエピソードっておばあちゃんを思い出すし今となっては良い思い出。

ちなみに煮付けは食べないけど、このカボチャの煮付けの残り物をポタージュスープにしたものは大好物。
騙されたと思って試して欲しい。
スープにしようと作るよりも、煮付けにしてその翌日にスープにした方が断然美味しい!!!

<9日目の私>

おばあちゃんの指輪をつけた。
パリにクリスマスケーキを取りに行った。
今年は日本のパン屋さんのケーキにしてみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − one =

PRbnr