TIAM

kids fashion magazine

people

REIKO / PARIS

会社員とストリートダンサーの二足のわらじ東京生活を経て、パリ郊外移住を40代でスタート。一児の母。

instagram @snack_reiko

マダムジャクリーヌ 82歳

今週はプチ夏アンコールって感じのパリ。 でも今朝は透き通る秋の朝の空気だった。 フランスに居る方が、旧暦と体感が一致する不思議。 (売店にカラフルなマスク)   初夏のおはなし。 コロナ禍の外出制限が明けて、少し落ち着いた頃、 お義母さんと彼女のお友達を、おうちBBQに呼びました。 マダム ジャクリーヌ。 御 …

ボルドー番外編 グラフィティとスニーカー

ボルドー市街地からガロンヌ川を渡り、右岸へ。 都市開発著しいエリアで、昔は兵器庫だった場所を エコに特化した施設に改修した「ダーウィン」へ遊びに行きました。    広々とした空間に、スケートパーク、古着や家具のセカンドハンドショップ、 オーガニックレストラン、オルタナティブ教育施設、グラフィティ… 大好きな …

ワインと伯父さんの家

ボルドー郊外の街に住む伯父さんの家へ移動。 定年後、パリからボルドー郊外に移住しました。 ゆったり生活するのにはとっても良い環境。 学校の休みが多いフランスは、休暇中にまるっと孫を預かる祖父母が多い。 田舎だとみんなのんびり出来ていい。   隣の祖父母の家に遊びに来ていた小学生のおねーさんと一緒に遊んだり 陽が暮れるま …

ピラ砂丘

ボルドー市街地から1時間半。 鳥取砂丘みたいなところがあります。 ボルドーに旅行へと言うと、ピラ砂丘は見逃さないでねってくらいの観光地。 砂が山の様にそびえ立つ。 黒いのは人影。 頂上からの景色は絶景。 サンドイッチと飲み物持参で、昼食。 どこでもピクニック大好きな人達。 アルカションという素敵な別荘ずらりの有名ビーチ …

ボルドー 市街地

ルポルジュ桃源郷から車で1時間ちょっと。 ボルドー市街地に住む友達の家に移動。 着いて早々、温かいシャワーを浴びたのは私。 便利で気持ち良いもの、やめられない。。。。     トゥールーズ市街地とはまた違う美しさ。 小さなパリって感じ。移住先として人気なのもわかる。 オスマン調の建物も多いが、高さが低いので空 …

藍染めのお土産

最終日、美和ちゃんが藍染めをさせてくれました。 ちょうど持参してたリネンシャツを染めさせてもらった。 超絶カッコイイのが出来た!!! これを着ていると、街中でも旅先でも褒められる。 コロナ軟禁中、おうち時間で衣食住の細部に色々興味を持った人は多いはず。 毎日の炊事のときに出る野菜くず。 来仏してからよく食べるビーツ。 …

océan Atlantique!!! 大西洋

ジュル美和家から通ってた海岸が素晴らしかった。 天使と共にふくよかもち肌の眩しい女神が降臨してくる って本気で感じた。 美術館でよく見るそういう絵は現実の景色だったんだと思った。 まぼろしや憧れでなく、実際に生活の中にあったんだ。 海へ行く道。 さらさらの砂の山を登る。    子供もがんばる。 道端のブラックベリーをつ …

ボルドー ル ポルジュ(魔女修行の家)

トゥールーズから車で3時間。 ボルドー市街地を抜けて大西洋に向かう途中のルポルジュという街へ。 10年以上前からのダンス仲間、ダンス姉妹の美和ちゃんが住む家へ。 フランス人夫のジュルと、娘のミナ、息子のカンの4人家族。    ジュルはファームで育ち、自らもパーマカルチャーを営む。 家族が住む家は倉庫を自ら改装。 ワクワ …

トゥールーズ (テラスハウスファミーユ編)

今回の旅行も友達の家に宿泊させて頂くバヤッド家スタイル。 東京行きはボツになったので、フランス国内の友達を尋ねようってのがテーマになった。 モロッコ系フランス人家族の家に滞在。 奥さんのサナはホテルのマネージャー、旦那さんのモラードはアニメーター。 一年前まではパリ郊外に家族4人で住んでいました。 パリの生活の窮屈さや …

バラ色の街 トゥールーズ

二週間のバカンス旅行に行きました。 フランス人は夏のバカンス旅行の為に働いてる?って噂は本当で、、、 老若男女こぞって出掛けます。 今年はコロナ禍の影響でフランス国内ってのが主流。 日本ではお盆の帰省も控えているというのを聞きますが,,, ラテン民族は、おかまい無し! モンパルナス駅からTGVに乗り、ボルドーを通り抜け …

PRbnr