TIAM

kids fashion magazine

people

RYOTARO & HARUMI / TOKYO

八尾良太郎

東京生まれ、東京育ちの元アルペンスキーヤー。
15歳からアメリカ ヴァーモント州Stratton Mtn Schoolにスキー留学。
大学卒業後は広告代理店Delphys, 外資系クリエイティブエージェンシーSaatchi&Saatchi, 日本コカ・コーラ Creative Exellence, Amer,
NETFLIXでコミュニケーション戦略、クリエイティブ開発を担当。
全日本スキー連盟でも、クリエイティブディレクターとしてリブランディングに携わる。
2016年からは長野県 野沢温泉村に移住。1969年に建てられたコルビジェの弟子で、建築家吉阪隆正の傑作 「野沢温泉ロッヂ」を小山優氏とリノベーションし、現代のニーズにマッチさせるプロジェクトを立ち上げる。

はるみ

広島県生まれ。
オーストラリア、アメリカなどに留学後、海外を行き来する仕事、生活を送りながら子育て中。

平日は東京、週末は野沢温泉で家族で過ごし、四季を通じアクティブに家族や友人たちと過ごしている。夫婦で「体験は最大の教育」「子供に与えてあげられる最高のギフト」ということをモットーに子育て中。

子供の可能性を広げるワークショップ

子供の可能性は無限大

 

うちの娘は絵を描いたり、

何かを作ることが大好き。

 

だけどどうしても自宅では

画用紙の大きさも限られしまったり

どうしてもやれることの枠が

狭くなってしまう。。

 

もっと大胆なことをやらせて

あげたいと常々思っているのですが。。

 

そんな中

老舗の美術学校の御茶ノ水美術学校と

新たな教育を考えるプロジェクトGIFTの

コラボレーションワークショップが

二子玉川の高島屋で

子供の可能性を広げるワークショップを

開催することに!

 

二子玉川高島屋で開催!こどもワークショップ

 

 

 

 

Share

絵本というメッセージ

娘のイノメは、絵本が大好き。

 

寝る前に必ずベッドで2冊の絵本を

読んでから寝ます。

 

むしろ2冊読まないと、寝たくない!と

強い意志を感じるほどの無類の絵本好き。

 

1冊は親が。

1冊は自分で読む。

 

絵本の内容をしっかり覚えていて、

ストーリーやキャラクターを

ちゃんと理解しているのにびっくり。

 

絵本はとてもいい教科書だと

あらためて感じます。

 

夫婦で新しい絵本を選ぶのも楽しいし、

オススメの絵本を友人や家族から

いただく事がとても嬉しい!

 

また、贈られるのは絵本に込められた

メッセージを読み解くのも

素敵作業だなとおもいます。

 

今週いただいた絵本は

「もりのなかでいちばんつよいのは?」

 

 

込められたメッセージは

Be Smart, Be Creativeかな。

 

 

さあ、今夜はどんな夢をみるのかな?

 

 

 

 

 

 

Share

野沢温泉からの新米届きました。

僕たち家族が東京と長野の

デュアルライフをはじめて三年目。

 

週末を過ごす野沢温泉から

今年も美味しい新米が届きました。

 

 

野沢温泉出身でプロスキーヤーの友人

河野健児がはじめた

昔ながらの農法でのお米作り。

 

 

 

この素敵なプロジェクトに、

我が家も三年前から参加。

 

東京から毎年友人たちも来てくれて

毎年の恒例行事に。

 

 

 

作業が終わったら健児が建てた

ツリーハウスで、おにぎりや

お母さんが作ってくれたお味噌汁を頂く。

 

 

オトナもこどもも楽しみながら

体験を通して学ぶのは

豊かで幸せな時間です。

 

 

Share
PRbnr