TIAM

kids fashion magazine

people

SHIHO LAYNE / CONNECTICUT

四年前に渡米。
非常勤講師をしながら、アメリカコネチカットで三人娘を子育て中。

アメリカの習い事事情(スポーツ🥍)

アメリカに来て驚いたことが、子供のスポーツのシステム。

日本ではバスケを始めたら、バスケ、野球を始めたら野球、と、やりたい限り一年中そのクラブで活動していたイメージですが、アメリカは基本シーズンでメインのスポーツが変わります。

もちろん本格的なってくるとアイスホッケーのように年中トーナメントをやっているようなものもありますが、例えば、春はラクロス、野球(ソフトボール) 、秋はサッカー、冬はバスケ、といった具合です。

もう一つ驚いたのが練習の緩さ。小学生の低学年、中学年までは本当に緩くて、こんなに緩くて、一年中同じスポーツをやってるわけでもないのにどうやってあんな世界的な選手とかが育つんだろう、と不思議に思っていました。

が、、

ついにこの春アメリカスポーツの洗礼を受けました、、

五年生になり、去年と同じように春はラクロスを選択。シアターと二つ頑張れーと思っていましたが、まずトライアウトでトラベルチームのAチームが確定。そのあと練習日が決まり、運悪くシアターと重なることに。ラクロスの練習は週3回もあるし(これも去年は一回だったので計算外)、この日は途中からシアターの練習に行っても良いだろうかとコーチにしたら、

私では判断しかねるので代表に聞きます。と。

あれ、去年まで全然緩くて、こんな反応じゃなかったよね、、と。

で、結果、それは認められません。

と。夫は、

え?シアターやめるでしょ?Aチームだよ?

と。

え?シアターだって役が決まってて授業料も高いんだよ(高いんだよ、、高いんだよ、、涙)

結局次女はラクロスを選び、シアターはキャンセルすることに。涙

コーチも最初に、

病気、家族の緊急時以外は休まないように。休んだ場合はBチームの子達がいつでもそのポジションに入るから。

と一喝。

そしていよいよ試合。

親の応援の熱気も違う。。

フランス系が多くてラクロスに熱心、というニューヨークのチームに敗北。今までは負けても、頑張ったよねー!you did great job! と言ってた親も、なんかちょっと重苦しい雰囲気。

 

後から聞いたら、ラクロス、バレーボールのように大学のスカラーシップを取れるスポーツは親の真剣度合いが違うらしい。

特にうちのラクロスは昔から強くて夫の時はデューク大に6人も行ったらしいし、チームメイトのお姉さんは10年生(日本でいう高校一年生)でもうラクロスのスカラーシップを取っているらしい。

次女、、、頑張れっ

夢はバスケ選手な次女ですが、ついついラクロスをメインにすり替えようとしている親2人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 3 =

アメリカの習い事事情(シアター 🎭)

こちらに来て驚いたのが、日本とアメリカの習い事事情の違いです。

今日はまずシアタークラスの話を。

私が住んでいる辺りは特に、ミュージカルが人気で、大人も子供も児童劇団やミュージカルクラス、コミュニティシアターなどで楽しんでいます。

一番規模が小さいのが、ミュージックスクールのミュージカルクラスで、ボイストレーニングやタップやダンス、演劇のクラスの他に半年に一回本番のショーがあるところが多いです。

次に児童劇団。こちらは本番ショーを年に二度やっているところが多く、規模は少し大きくなります。

コミュニティシアターは、普段はセミプロや一般の演劇好きな大人がオーデションを受けて作り上げるショーで、たまに子供の募集もあります。大人がメインなので子供はアンサンブルがほとんどですが、授業料がいらないので良いです!ただ大人の仕事終わりに合わせて練習をするため終了時間が10時以降になるシアターも。

そしてエクイティシアター、こちらはプロの俳優が行うショーでたまにお給料ありの子役、無しの子役の募集があり、長女も去年一度参加しました。

長女がこの間冬にやったショーがミュージックスクールのもので、最近終わったのが児童劇団。二月からそれに重ねて練習しているのがコミュニティシアターです。

地元の劇団は保護者のボランティアで成り立っているのですが、とても本格的で人気です。

ディレクター、ミュージックディレクター、ダンスディレクターはプロにお願いしています。

今回私はコスチューム係

カモメたちの帽子のベースの色つけや

 

衣装のリメイク。こちらはタツノオトシゴ

あとはベイクセールに

海がテーマのマカロンを。

完売御礼♪

コスチュームチーム、特にリーダーが頑張って素晴らしいできに。

大成功でした!

打ち上げのグルテンフリーマーメイドケーキ。ウロコが屋根瓦みたいだったけど、マーメイドとわかってもらえてよかった。これはフードカラーに同じ工場でナッツを扱っている、と表示があるのに前日に気づき、あと二つ完全なナッツフリーケーキも作りました。

打ち上げパーティも、ショーの三日間プラス次の日で3回もあり、子供達はものすごく楽しんでましたが、親はへとへと。燃え尽きました。

つぎはコミュニティシアターの公演が4月終わりから5月にかけて10日あり、こちらは手伝いはいりませんが、終了が遅いので、学校の勉強や生活面を効率よくさせてできるだけ早く寝かせるのが目標。

タクシードライバー生活、まだまだ続きそうです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen + 12 =

Frozen on Broadway 🎭

珍しく二週連続でNYCへ。

クリスマスのプレゼントにあげたチケットでブロードウェイミュージカル、”Frozen”(アナと雪の女王)を観に行きました。

ブロードウェイではミュージカルを昔からちょこちょこ観ていますが、長女次女には”メリーポピンズ“、”シンデレラ“、”アラジン“に次ぐ4作目。

実は末っ子もシンデレラも参加したけれど最初から最後まで寝ていたので、今回初みたいなもの。

しかも赤ちゃんにときから耳にタコができるほど聴いていた”Frozen”。興奮しないわけがない。

今回は義母も一緒だったので車で。駐車場アプリで安いところを事前に予約。なんと12時から翌朝午前0時まででオーバーサイズ車両33ドル╰(*´︶`*)╯♡これはお得♪

ブロードウェイのシアターは、各劇場それぞれ歴史があり、形も違っておもしろい。

ここは一階二階三階が縦に重なっているイメージで、二階の私たちはどんな風に見られるのかとちょっと心配しましたが、全く問題ありませんでした。

劇場用にお洒落してきた次女。この日は比較的あたたかかったけど外は5度くらい。お洒落は我慢よタイプ。

主演の二人は前はウィキッドでもグリンダとエルファバだったということでしたが、アナはかわいいし、エルサは素敵で娘たちもがっつり見入ってました。他のキャストも忠実だったりオリジナルがあったりで、一つオリジナル場面でそこいるのかな?ってパートはありましたが。。なかなか面白かったです。やはり1番すごかったのは舞台装置! これは一見の価値ありです!

内容やセリフが事前にわかっているので英語苦手な方には特におすすめです。

今度はこれ観に来よう♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + 8 =

春物ショッピングとメイクごっこ

先週末はウィンターリセスで四連休。月曜は出勤のパパに便乗して春物ショッピングに行きました。

うちの三姉妹は服の好みがほんとバラバラで、買い物にいくと大変です。

全員自分の好きな店、自分のものしか見る気なし。

“可愛い”が好きな末っ子は目につくもの全部欲しがる

この日もスポーティな次女は、意外と華やかなのも好き。

シンプル好きな長女は無地を選択。

いつも無地。無地のセーター、無地のTシャツ。それならどこでも買えるやん!て思うけど、なんか少し違うらしい。

 

ニューヨーク市じゃなくても同じお店がモールに入っているけれど、市内の路面店はどこも品揃えがものすごく豊富で好みの違う三人も大興奮でした。

さて、帰ったらさっそく部屋に引きこもった次女、メイクして新しい服で登場。

なんかえらいそっち系Σ(゚д゚lll)

最近メイクにはまってるみたいで、末っ子もまき混んで色んなメイクを試し中らしい。

これはアースライメージメイクらしい。↑

私はこのナチュラルメイクがよいと思う↓

って、、

誰のメイク道具使ってんねん!

って言ったら、

ママの!!あ、でもすぐ洗うから(´∀`*)

 

ってよけい悪いわ!もったいないわ!!

小学校もメイクしてくる子はいるみたいだけど、うちは今のところ家だけ。日本よりメイクして学校行き始めるの早いのかなぁ。

長女は絶対しないだろうけど、次女はきっと早いでしょうね。楽しみだけど怖い、怖いけど楽しみ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × three =

Alice themed birthday party

10月の終わりからのイベントラッシュ最後を飾るのは末っ子の誕生日。

この年齢は外でやった方が楽なのはわかっていたけれど、、ギリギリまで決められなかったので家で。

最近プレゼントされたドレスがアリスだったのでアリスパーティにする!と末っ子。

アリスなら通販にもグッズがたくさんあるから楽だ。ほっ。

 

赤く塗りかけのホワイトローズの飾り物がなかなかよかった。すべてアマゾンです。

アリスといえばティーパーティなのでもちろんこれもペーパーティーセット🍓🐰

今年はチェシャ猫&アリスで🎂

 

ロウソクをのせたのはこちらのケーキ。グルテンフリーです。

おともだちがたーくさんきてくれてうれしかったね

 

お友達がつまみぐいしたので別のお友達が怒るの図

テーマを決めて行うパーティは大変だけど、楽しい。アリスみたいに色々材料がそろってるのは楽だし何パターンもできるので楽しみが広がって良いです♪

来年は何を注文されるかなー🤔

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen + five =

Patachouさんのお洋服

私がpatachouさんのお洋服を知ったのは12年前。

長女が赤ちゃんの頃でした。

その頃流行りはじめていた子育てブログを色々読んでいたら、大人好みのカッコいい男の子服がある。という記事が。

当時近所で仲の良かったベイビーが全員男子だったので行ってみよう♪ ということになりました。

初めてお邪魔したのは今はなきプランタン銀座にあった店舗。男の子の服ーと思って行ったのに、女の子のお洋服のかわいさに一発ノックアウトでした(*´Д`*)

以来うちのワードローブのベースはpatachou。いや、ほぼpatachouだったかもしれない。その影響か、長女はいまだにヨーロッパの配色の落ち着いたお洋服が好きです。

代官山店には週一くらいの勢いで遊びに行ってたかもしれない、、

そのころの長女。

今思春期まっさかり。。あー、、かわいかったこのころ。(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

次女三女は退院時にも。

三女はお宮参りにも。

三女の時は震災時によいおさがりは全部寄付してなかったので買い直し

このタイプの色違いは三人で3,4枚持っていたかも。

お揃いも楽しかったな。

そんなパタシューさんがrestart されるとのこと。嬉しいー!!うちに着られる子はもういないけど、可愛いお洋服楽しみにしています。

次は孫にかな(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + 9 =

初仕事in NYC 📸

先日の、キャスティング、なんの奇跡か受かりました!

ニューヨークでスタートして2年。キャスティングは全滅。っていうかキャスティングもほぼなし。

しかし去年秋あたりから末っ子が、キャスティングに呼ばれcall backに残る(が決まらない)、指名で日程確認がある(がきまらない)、前日に明日の撮影いけるか?と指名が入る(が決まらない) となんとなくほんのり撮影に近づいてきてる感ありました。

はー、やっと決まった。

腹ごしらえは電車で。今日はおいなりさん。

地下鉄に乗り換えご機嫌

寒いと文句をいいながらもしっかり歩けるようになりました。

スタジオには30分前に着きましたが誰もいなくって、ああ、きっと集合時間から始まるんだ、カフェで待とう!と近くにあったメゾンカイザーへ。

日本にいる時に大好きだったクロワッサンダマンドがそのままの味で感動。

いよいよ五分前、スタジオへ。

、、、鍵が閉まっている。

郵便受けからのぞく末っ子。

、、、誰もいない。

嫌な予感がする。開始時間に誰もいないなんてありえない。もしや、と、事務所にメール。確認しますと返信あった数分後、いつもは強気な事務所の社長から電話

 

、、、ほんっとうにごめん、私のミス、木曜だ。

 

、、おおおおっけー、木曜、その日仕事だけど、ちょっと確認してみる(呆然)

 

ほんとごめんね、電車代出すから、、

 

本当は電車代は問題でなく、学校午後からお休みしたり、義両親にほかの姉妹をお願いしたり、私の補講授業を振り替えて貰った方がおおごとだったのですが、私もミスした人の気持ちはすんごくよくわかるので、そこは涙を飲んで、ノノノノープロブレム( ;∀;)と。問題は木曜日。唯一の仕事の日じゃないか、、。

ほんっまに遠いな、ニューヨークでのお仕事。

事務所に相談したら、11:00-13:00で他の子が呼ばれてるから代わっててもらえる!と。わーそれなら良かった、一安心。

なんて言っていたら夜に、

、、ごめん、バッドニュース、時間変えられないって。

ああ、ペア撮影とかあるんだな、、

しょうがない、そうそうあるものじゃないので自分の学校に相談、その日の最初の授業がアシスタントなので、2番目の仕事に間に合えば大丈夫、ということになりようやく撮影に行けることになりました。

そんなバタバタもしらず、えーモデルなの、ショーに呼ばれたんじゃないの?なんて呑気な末っ子。またまたメゾンカイザーにて時間潰し。

今回は小人のHappyがあたったよ。

ようやくon set! いやー、長い道のりだったね。

撮影自体はとっても上手にできました♪これなら次はグランマに来て貰っても大丈夫だね、次があるといいねー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + 6 =

ミュージカル本番!

先週金、土がミュージカル本番でした。

今回は親のボランティア一切なしなので気楽。

地元の小劇場にて行われました。

こじんまりしていて可愛い劇場。

今回は久しぶりに長女がメインキャラクターの1人を演じるので楽しみでした。

初日声があまりでていなくて、あれが限界かと心配しましたが、二日目はしっかり歌えました。

次女も前回に比べ格段によくなっていました。

今回大変だったのは、思春期の長女の扱い。声をもっとだせるか、というのも相当気を使います。気持ちを落とさせたくないけれど、明らかにもう少し声が出せれば、というこの気持ち。ストレートに伝えられたほんの一年前が懐かしい( ;∀;)

そんな親のきもちを知らず、二日目直前に大ゲンカの長女次女。もうどうにでもなってくれといいたいとこですが、興奮覚めやらぬ長女を車で落ち着かせ(成功したとは言えませんが、、) 送り出しました。

結果良ければ全て良し。

しかしほんま、ティーンの扱いは難しいー、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − 14 =

Casting,rehearsal,tech week

今週はなかなか子供たちが忙しい。

昨日はまず末っ子のキャスティングから。

キャスティングはオーデションのことで、モデルの時はキャスティングやgo seeを使い、オーデションは歌や演技などの時に使っている気がします。

朝8時から9時の間いつでもいいよーということだけれど、場所はニューヨーク。6時半には出ないと間に合いません。寒いし終わったらすぐ帰って学校に行かせたかったので車で行こうとしたけれど、混むから電車が確かだと言われ6:45の電車に滑り込みました。

出た時は眠そうだったけど、電車ではすっかり元気になった末っ子

おにぎりを食す。

順調について、キャスティングでもちゃんとご挨拶できたしよかったけど、5歳用ではもうちっちゃく。今何センチあるんだろう🤔

帰る途中のブライアントパーク。

スケートしたーいっていうし、電車まで時間があったけど寒すぎてやめました。

ホリデイのための出店は全て撤去中ー

ちょっと寂しいねー

ご褒美に白雪姫のフィギュアを買ったら当たったのは魔女のおばあさん。よりによってこれか。でもなぜか、さゆ(長女)にあげよ♪ とご機嫌。顔真似もうまいね。

キンダーに送り届けて夕飯の買い物をしたらすぐに次女の帰宅時間。

次は上ふたりの習い事の時間です。今週忙しいのは主に”little mermaid” のリハーサルと、“Seussical“ のテックウィークがかさなっていること。はこちらのリハーサルは、日本でいう通常の練習で、テックウィークは本番前の最終週です。

重なる日が三回あるのですが、

昨日は16:30からlittle mermaid 、17:20にピックアップしてseussicalのテックウィークの練習へ。これが19:30まで。

シアター重なって大丈夫かなと思いましたがなかなか充実しているようでイキイキしてるから大丈夫かな(*´-`)

今週の金土がいよいよ本番です。頑張れー!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + seven =

Skating at Rockefeller Center

いつもロックフェラーセンターのところを通るとスケートしたーい、と言われていましたが、長蛇の列で断念。年末、次女のお友達に誘われて、初めて列に並ぶ覚悟をきめました。

30日午前10時、人通りが比較的少ない5th Ave を通りロックフェラーセンターへ。

列はエントランスと書かれた札のちょうどのところからだったので、これはなかなかよいかも!と並んでみました。

これはサクスフィフスアベニュー向きの写真

途中何枚もツリーを撮る。

何枚も、何枚も、、、待つこと1時間半。

結構待つやん!( ゚д゚)

ようやく靴をレンタルすることを許され建物の中へ。お姉さんがひとこと、

12時から30分清掃にはいるので滑れません。

(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾   まだ待つの

まあ、外で待つより中で待つ方が、ましや。。

じっとこの写真を見て過ごすこと30分。

ようやくリンクへ。

楽しそー!

仲良しのお友達と滑れて大満足の次女。

待つのは寒かったけど、まあ話のネタに一回滑れてよかった。

リンクは地下の吹き抜けスペースにあるのですが、地上には観光客がいっぱい。ラルフローレンの移動カフェもありました。

あとから熊が超カメラ目線なことに気づき驚愕。

人はいっとったんやろか。

スケートのあとはつるとんたんへ。

つるとんたんは材料を全て日本から輸入、味も日本からチェックに来る人がいるらしい。ニューヨークのお手頃価格でちゃんとした和食が食べられるのは今のところここしか知らない。

お腹がいっぱいになったので5th Ave を散策。

今年のサクスフィフスアベニューのショーウィンドウは、ブロードウェイがテーマらしい。

 

このピンクのシーンがお気に入り。

この後は帰宅の途へ。

とっても楽しい一日になりました♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − fifteen =

PRbnr