TIAM

kids fashion magazine

people

AYUMI NIBU / TOKYO

JUST ANOTHER SPACE / DIRECTOR

高校卒業後すぐに、渡豪、渡仏し、帰国後アパレルブランドに就職。

その後、再度ヨーロッパへ渡り、ロンドンのデザイン会社に勤務。
3年後日本に戻り、あらゆる業種の仕事を転々とし、クリエイティブスタジオANSWR(現THINKR)にたどり着く。

併設するGALLERY/SHOP/オルタナティブスペースでのマネージャー経験を経て、双子を妊娠、出産。現在はJUST ANOTHER SPACEに所属し、ディレクターとして従事する傍ら、”Have a piece of art in your life” をコンセプトとした子ども向けライフスタイルブランド「 VV3 (ベベトワ) 」を立ち上げ、2018年には、プロジェクト第一弾として、日本、US、EU (時々インド) を往来しているノマドアーティストNIKY ROEHREKEとのコラボレーションを実現。

今後VV3のさらなる展開はもちろん、子供のいる暮らしをより豊かにするための、新たなプロジェクト実現に向けて夢膨らませながら、日々、育児に奮闘中。

Website
http://vv3.tokyo/

体調不良で子連れのタイ旅行!さあ、どう楽しむ?! その5(最終回):マッサージはTHAANを蹴って地元マダムが普段使いしてるスパへ!

バンコクに来たからには、
やはり日本の何分の1の価格で受けられる
スパかマッサージに行きたいものよ、、

で、一応、
ラグジュアリーな人気一軒家系スパを
こんな感じで事前にリストアップしていったんだけど、、

・ タイの人気ブランド “THANN(ターン)”プロデュースのスパ(←第一候補だった。。)
・”Panpuri(パンピューリ)” ←高級オーガニック化粧品を使ってるスパ
・”Divana Massage & Spa(ダイヴァナ マッサージ&スパ)”(←リピーター率トップ)
・”Opium Spa(オピウム スパ)”←5星ホテル「ザ・サイアム」に入ってる世界のベストシティスパで1位になったこともあるらしい

が、まぁ〜しかし、
ブリンブリンな店内にウキウキして、
一流の施術を受けて、、
終始お姫扱いで旅の疲れを癒して〜
というテンションではなく、、

かと言って、

複数名同室のベットとか椅子が
ずらっと並んだお店で
本場の格安マッサージを受けたい
、、って感じでもなくて、、

どちらかというと、

子供もいるし、
一人時間を満喫している時間が長いほど
居心地悪くなってくる状況で
できればパパッとスキマ時間に、、
できる限り上質なスパで
ほんのひとときの安らぎを、、
思い切り満喫したい、、
というニュアンスだったわけです。。

そんな理想を
全て兼ね備えていたのがここ。
Treasure Spa

うん、え?どこ?
ですよな。
あまり聞かない名前でしょう。笑

ここはいわゆる”街スパ”で、何を隠そう、
地元の駐在員(タイ在住の奥様方)が
こぞって通うカジュアルスパらしい。

階段を上がると、、
カ、カジュアルじゃない、、
めっちゃ、、す、素敵やん。。

まずは待合室へ通されて、、

ウェルカムティーをいただく。

オイルの香りを選び、

強めがいい?弱めがいい?などの質問に答えて、、
そこに、今日使ってほしいオイルの香りを記入。

お茶が終わる頃に、
担当してくれる方が
お部屋に案内してくれた。

なんと、、
クォリティの高い上質空間で
お買い物のついでに気軽に立ち寄れる上に
セレブ妻の日常の安らぎの空間、、?とでもいうのかな、、

日本人が仕事の休憩時間に行く
「もみほ◯し」とか、
「て◯みん」とか、みたいな感覚?
にしちゃあ、ラグジュアリー感ハンパねーが。笑

施術が終わったらまたティーをいただく。
この余韻の時間がうれしかった。

オリジナルのアイテムも販売してた。
あ、あと、妹からの大事な追加情報。
マッサージを受けたら、担当者にチップを渡すのを忘れずに!だそう。
相場は100B程度。
ここをベースに、満足度が高ければUP、低ければDOWN。
目安にどうぞ○

トレジャースパでは意外にも
椅子に座って受けるフットマッサージから、
トリートメント系のリラクゼーションマッサージまで
レパートリーも豊富らしい。(カップル部屋もあり)

子連れママには
サクッとリフレッシュできる
しかもしっかりお姫味わえる
この街スパがおすすめかもだ、、

と、バンコクに住む妹からの情報も交えながら、
全5回にわたってThai情報をUPさせていただきました。
、、と言ってもタイ滞在中、体調不良に見舞われた人向け、、
あまり需要のない情報に、
お付き合いいただき読んでいただいた方
ありがとうございました!涙

今回、タイ旅行の情報を求める声が
思いの外多くてびっくり。
また、気が向いたら、妹からの最新現地リポートも
不定期でアップできたら楽しいかも〜
なんて勝手に思ったりして。笑

<Treasure Spa Siam Square>
【場所】BTS Siam(サイアム)駅
【住所】426 สยามสแคว์ ซอย 2 กรุงเทพฯ(426 Siam Square Soi 2)Bangkok
【Web】http://www.treasurespa.com
【電話番号】 0-2252-3468,
【営業時間 】10:00-22:00 休業日 無し

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + ten =

体調不良で子連れのタイ旅行!さあ、どう楽しむ?! その4:バンコクに飽きたら寝台列車でのんびり思いつき旅!

バンコクから島へ行きたい!となれば、プーケットやパタヤがよく聞くおすすめコース。だけど、歓楽から離れる(病人→休養)という目的なら、Hua Hin [ホアヒン]、まちがえなし。今回はバンコクから、そのホアヒンへの交通手段のひとつ、特急列車をご紹介。ホアヒンはアクセスが悪いと観光客からは不評らしい、、笑。が、。
それがまたよかったんだよね〜

<フワランポーン駅構内(สถานีรถไฟกรุงเทพ, Hua Lamphong Station)>

<構内にあったガチャガチャ>

自由席の普通列車に乗るなら、事前にチケットを購入する必要はなし。でも、今回は列車の移動も楽しみの一つとして、寝台列車を(オンライン)予約してみた!

バンコクを出ると、その列車はノロノロと
おもいっきり一般市民の住居の真横を通る。
写真にはとれなかったけど、
現地のリアルな生活を
超間近で覗き見た感じがして、
自分的にはいろいろ衝撃で、、
シティーにいては見れない様々な光景に
なんとも言えない感情と、、
なんか色々すごかった。。

二人は、人々の暮らしを見て、
ボロだね。変だね。こわいね。と
まあ、言葉はアレですが、
さまざまなモノやコトを
その目で見て、感じて、
それが心や頭の片隅に残って、
いずれ、
自分たちの中で消化してもらえたら、、
それは何にも変えられない
宝物だと思うから
親としても
ちゃんと大切してあげたいなと思った。

乗車時間は4時間と長めで
到着も普通に遅延する。
限られた時間で観光を楽しむ人にとったら、
アクセスの悪さとセットで
イタい長時間移動かもしれない。

でも、車内サービスもあって、
寝台車なので途中ウトウト寝たり、
ふと目を覚ませば
とても素敵な光景が
目の前に広がっていたり、、

寝台車の乗車移動を、
観光目的の一つと考えるなら
4時間はあっという間で、
最高に贅沢な時間だった。

しかも、到着したホアヒン駅は、思いがけずかわいかった。なんなら“タイで最も美しい鉄道駅”とも言われるらしく、王室専用の待合室もあり写真だけ撮りにくる観光客も多いらしい。(…って、その素敵な駅は暗くて撮れなかったんですがね、、笑)

あとは、ほぼ終日ホテルで、贅沢に過ごしたのであります。


ショッピングモールも魅力的なアクティビティーもないこの町では、日光浴しながら、ビーチやプール脇で読書したり、トランプしたり、馬乗ったり、(そんな中私は仕事のメールを捌いてたわけだけど、、残念) 誰もデジタルものを手にしていなくて、、なんかそれ自体が不思議な光景に見えた自分にちょっとがっかり。。よくないな。。


一応、こじんまりとしたナイトマーケットや、水上マーケットもある。ナイトマーケットは、はじからはじまで歩いても、15分程度の規模感だろうか、、体調不良の私には最高のサイズ感だった!


一応、海もあるけど、プーケットやピピ島などのイメージとは全然違う。とても静かで、岩場もあったり、海水浴というより乗馬する人のほうが多い感じ。でも、ホテルのプールからそのままビーチに出れるため、行ったり来たりしてのんびり楽しめた。


レストランもホテルから5分歩けばすぐに見つかる。もしくはトゥクトゥクか、Grabに乗れば数百円でどこへでもいける。

とにかく、「何もしない」
という最高に贅沢な時間。
たまには必要だよね。

シティーガール、シティーボーイは
無理して、何も無いところへ
身を置かないとダメね。

心と身体のデトックス、

たまにはちゃんとしないとだよな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 1 =

体調不良で子連れのタイ旅行!さあ、どう楽しむ?! その3:移動手段はトゥクトゥクだけじゃない!?

今回の旅でめちゃくちゃお世話になったアプリを一つ紹介。

実は妹がバンコクに住んでいて、滞在中はお世話になっていたのだけれど、ホテルや、アパート、マンションが所有するトゥクトゥク&専属ドライバーが、施設にサービスとして付いているのはタイではさほど珍しくないらしいく、ほぼ毎日マンション下に停留している住人専用のトゥクトゥクを利用させてもらって、ほんっとに助かった。

ただ問題は、、帰り。

どう帰ってくるか、、

手段はたくさんある。

・電車 (※バンコクの車の渋滞はマジでやばいので時間帯によっては電車がベスト)
・タクシー (※初乗り約100円〜と格安)
・バス (※暗くて暑そう)
・ソンテウ (※相乗りのミニバス)
・トゥクトゥク (※風が気持ちい〜3輪)
・シーロー (※一部エリア住人の貴重な足、見た目トゥクトゥク、でも4輪)
・バイタク (※バイクタクシー。約数十円)

中でも、我々日本人には安く乗りやすい印象のタクシー。。
だが問題も多い、、

✔︎メーターで計算してくれるか要交渉のだるさ(もしくはあっちの言い値)
✔︎なんなら時間によっては露骨にメーターに布を被せてるタクシー
✔︎行き先を正確に伝える手間、、
✔︎行き先を告げて断られることも、、
✔︎ぼったくりする輩、、

油断も隙もない。

いちいち値段交渉したり、
地図で行き順確認したり、
ぼったくりじゃねーか!と喧嘩したり、、

というような、
海外旅行の醍醐味を
楽しんでいる余裕のない
体調の優れない人(私)は、これ。


[Grab・グラブ]

要は、Uberのアジア版?とでもいうのか。。
マレーシアで始まったタクシー配車アプリで
今では、タイ、フィリピン、シンガポール、ベトナム、インドネシアの6カ国で使われているらしい。

Uberとの違いは、
Grabドライバーはネット契約NG。
運転手と直接面談を行い
契約を行っているらしいから、
より安心。

アプリの操作もすごく簡単で、
車種やナンバー、
こちらの希望の行き先
全てアプリで確認できる。
お互いの居場所は
GPSで把握できるから
会話や交渉が不要。
金額も事前に登録したクレジットで決済。
どんな車が来るかは運だけど、
乗った車全て、お掃除が
行き届いてたなーという印象。
しかもマジでどこにでも
指定した場所に来てくれる。
これ、、神。。

シティーから空港まで連れて行ってもらったドライバーさん。
こんな感じで、ドライバーのイメージ、
評価、金額が事前にわかる。

スーツケースがあったので、
少し大きめの車をセレクト。
且つ、この日はイベントもあって
割高(普段の1.5倍近く)で542バーツだったけど
普段なら中心街から空港まで
約1時間前後の乗車距離で1000円くらい。

しかもこの最後に乗ったGrab Taxi
革張り&ゆったりで乗り心地最高だったー
毎回、どんな車が来るか、
二人はナンバー探しも楽しみましたしー

最後に

今回、Grabを何度か利用して学んだ二つのQ&A。

1、週末やイベントなどでなかなかGrabが捕まらない場合

A:クレジットカードではなく、現金払いを選択してみて! 私はこれですぐに捕まった!

2、ドライバーが電話をかけてきてめっちゃタイ語で話してくる。
or 英語のアクセントが強すぎて何いってるか全然わかんない場合

A:近くにいるタイ人に電話を代わってもらって、
今どこにいるか現地の人に説明してもらおう。

あまり珍しいことではないらしく
見知らぬ人にいきなりお願いしても
そこまでびっくりされないので、
思い切ってきいてみよう!、、w

タイ旅行を予定している方!
Grab日本でダウンロードして行って、
空港着いたらそこから利用することを強くお勧めします!
スーパー楽チン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × three =

体調不良で子連れのタイ旅行!さあ、どう楽しむ?! その2:屋台メシ諦めないで!

屋台メシは室内だって食べられる!?
デパート・サイアムパラゴンのフードコートに行ってみて!

今回、体調悪すぎて、直射日光浴びながら双子を連れて30度近い暑さの中、歩き回ることも、食べ回ることもしんどかった私が、大っ変お世話になったデパート。知らなかったけどフードコートが超充実してて、ケンタッキーとか一風堂とかのチェーンもあるけど、ちゃんとタイ屋台フードのエリアもあって、その中で美味しいお店にめぐりあえたら(野外ならではの臨場感、屋台感はもちろん劣るけど)味はリアル屋台超えてきちゃうかものクォリティー。
 
今回の旅行中、2回食べた(1回テイクアウトした)Sawang.
数多ある店舗の中で、このヌードルに出会えた私は本当にラッキー。

ちなみにこれは子供たちもお代わりした一品。(メニューの一番上。辛くないやつ)
もちろん辛いバージョンもある。

あと、ついでに!
3日以上バンコクに滞在する or 2年に一回以上タイに行く人は、このラビットカード作るべき!

スイカ的なやつで、駅で簡単にに手に入れられて、
フードコート使うと勝手に割引もしてくれる。

スタバでも使えるらしい。
このカウンターでチャージも簡単にできるよ。

あ!最後にもう一つ!
このフードコートの下に、まさかの水族館があります!!笑

フードコートでたらふく食べるチームと、
上でゆっくりお買い物したいチームと、
下で水族館に子をつれていくチームと、
3手に別れて行動するのもあり!

“屋内で ”本場屋台の味を求める人には、

このSiam Paragon1階のフードコートがおすすめ!

他にもたっくさんお店があるので、春巻き系、ヌードル系、フライ系色々試してみてほしい!

 

<サイアムパラゴン フードコート(Siam Paragon Food Court)>
【住所】Siam Paragon Ground Floor, 991 Rama1 Road, Pathumwan, Bangkok 10330
【営業時間】10:00~22:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + 7 =

体調不良で子連れのタイ旅行!さあ、どう楽しむ?! その1:インドアのプレイグラウンドに行くべし。

怒涛の1ヶ月半が嵐のように過ぎ去り、クリスマスも無事終わり、少し落ち着きを取り戻した?でもないが。。ようやく写真を読み込む時間ができたので。

とりあえず、出国前から続く咳と熱が止まらぬまま4歳児二人を連れてどうタイ旅行を楽しんだか。。を記録として残しておくことに。。あ、最初に言っとくと、いわゆる元気な人が行くべきタイの動物園や観光地、透き通った青い海、白い砂浜の情報は、まったくございませんのであしからず、、涙。

つい忘れがちだが、いつだってタイは暑かったー。
発熱ボディーに灼熱の太陽は思った以上にハードコアだったわけで、、
まず避難した先は約1400㎡のIndoor Playground
(いわゆる室内遊び場?っていうのかな?)
海外にまで来て?とも思ったけど、
日本でも行ったことなかった私にとっては、
衝撃的に感動した。
とりあえず、何がいいって、
日焼けを気にせず
水分補給を気にせず
怪我を気にせず
ある程度放置状態で見ていられる。。
こんな最高な場所がありますか?っちゅーやつ。
荷物も全部ロッカーへ。(身軽、最高、、)

そして、日本のように?(←聞いた話)
全く混んでない。
取り合ったり、ぶつかったり、
順番待ちしたりがない。
思う存分に遊べて
親は思う存分休めるw

中にはカフェ的なスペースもあったり
あちこちソファーもあるし、(そこから二人の様子も見える)
ところどころにスタッフが常駐していて安心。
 
走り回っても空間が仕切られてるから迷子の心配もなし。
しかもコンテンツが結構インタラクティブなものも多くて
 
特にDJブースは面白かった!
JAZZ、R&B、POPS、TECHNOの4部屋で構成されてて

プレイの様子は、ブース内に備え付けのビデオカメラで30秒間撮影されて、
動画もメールで送信できる仕様。
 
普通にアナログなお絵描きルームがあったり、
バーチャルサイクリングがあったり、
 
登場人物が立体的に見える
3D紙芝居?、、ならぬデジタル芝居?があったり

一番人気の22mの滑り台は、途中にカメラが設置されてて、
入場時に渡されるリストバンドを、滑る前にピっとして、
滑り終わったところにあるモニターにまたピっとかざす。
 
モニターに出てくる自分の画像を、自分が指定するメールアドレスに
無料で送信できる。

無料いいね。

私が二人を見ている間に、
妹と母親は同じビル内のスーパーでお買い物。

そう。

ここは、BTSプロンポン駅直結
元祖ハイソ系のデパート「エンポリアム」内3Fにあるのです!
1時間後、母親とバトンタッチで私もショッピングへ。
(大人入れ替わりしたけど料金大人1名分でOKだった)

ちなみに、ここの5階に行けばタイオリジナルのスパブランド
THANN、PANPURI、Erb、divanaが勢ぞろい。
お土産やさんも街中の価格とはいかないけど、
クォリティーの高いかわいいプロダクトが多くて安心できる。
スーパーも入っているからお土産もここですんじゃう。
ほかにもごはん屋さんはもちろん、スパ、映画、お土産、、etc…
全部ここエンポリで完結よー

ありがたや。。(病人にはしみる、、涙)

二人も結局閉館までいて、

明日もここ来たい!
また来る??
いつ??

三拍子いただきました。

よし。

体調不良だってキミたちをたのしませるぞプランその1
プレイグラウンド「IMAGINIA PLAYLAND」へ! 

は、大成功〜!
自分もしっかり休んで、買い物もしっかり済ませたのですた〜。
※行く際は靴下を忘れずに!(or 有料で買えば入れます!)

<IMAGINIA PLAYLAND>
【場所】The Emporium 3階
【Web】www.imaginiaplayland.com
【料金(3時間)】子供:100B(70cm以下)、250B(70~100cm)、480B(101cm以上)、大人:200B
【利用時間】月曜日ー木曜日 10:00-19:00/金曜日ー日曜日 10:00-20:00

次はごはん編。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + eleven =

ついにその時がきた

「もう10月かー、今年も終わるなー、、」

そう思った時に、ふと、去年の年末に出た今年の占い、つまり2018年の占いを振り返ってみたくなった。

射手座の私は基本的に、「強烈なキャラクターの割に、自分の為に行動するとイマイチぱっとせず、
いざ、他人に対して感謝を伝える行動となると、非常に高いパフォーマンスを発揮する」という性質らしく
その「恩義の感覚」が日々の行動力や活力になっているらしい。
逆にいうと、「借りたものは恩義も復讐も、すべて倍以上に返す」ということだそうな。

その通りである。
激烈さ極まりない。

これまで、“今の自分があるのは、あの人のおかげ、この場所のおかげ” と「恩返し」に徹してきた。
いい人ぶるのではなく、本当にそう思うことでしか、生きる喜びを感じられない生き物なのだ、、マジで。
そんな射手座にとって、2018年下半期には、その “長きに渡る恩義の返済” が終わり、ついに “その時” を迎えるらしい。

「射手座の覚醒」

しかも、こうして、かなり重要な区切りの期間にさしかかっているらしい?私にとって
キーワードとなる言葉が「自己プロデュース」だというのだ。
そんな時に、瞬間的に意気投合した友人に、ブログを書いてみないかと言われて心がざわついた。
返事は瞬で「Yes」ですわな。。

過去、何度もブログのアカウントを取っては放置の繰り返しで、
何個アカウント持っているんだろうか??・・という私が
ついに人に誘っていただいてブログを始める。

こういうことだ。

射手座はそういう性分なのだよ。

今もワクワクとタイピングが(言葉が)止まらない。

大好きなカルチャーやアート関連の情報ももちろんのこと、
双子育児のこと、仕事のこと、はたまた人生観について、あれもこれもかきたいことがいっぱい。

恩義を背負わず、フラットな自分自身から溢れ出る感情や言葉って、、
いったいどんなものなのか、、

最後に、
12星座のキャッチコピーというのを見つけた。

射手座・・・

 

「いつか本気出す」

だそうな。笑

ついに、
その時が来てる気がする。

http://vv3.tokyo/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 9 =

PRbnr