TIAM

kids fashion magazine

people

FERNANDEZ FIS NATSUKO / KANAGAWA

キューバ音楽を聴いた瞬間から、猛烈にキューバへの恋がはじまる。
2016年には、スペイン語とダンスの習得、キューバの生活を体験することを目的に6か月キューバに滞在。
ハバナ大学にてスペイン語を学ぶ。

現在は、キューバ人の夫と男の子と日々キューバの風を感じながら神奈川県で暮らしている。

夫のキューバ風子育てを感心しながら勉強中。

長距離バスの旅@キューバ-①-

Hola(こんにちは) みなさん、いかがお過ごしでしょうか。 ブログを書きたいと思いつつも、なんだか心がザワザワして書けませんでした。 外に出る機会が減り、日々の暮らしに目が向いてきた今日この頃。 時間に流されず、家族との暮らしに向き合うのも大切だなぁと再認識。 そして、ふと思った。 あっキューバ的! 仕事より何より、 …

混乱の中で

Hola(こんにちは) 数日前歩いている時、トイレットペーパーを持っている人がやけに目についた。 ちょうど、トイレットペーパーを買おうと思っていたので、翌々日に買いに行ったら全くなかった!   知らなかった。。。 買い占め?買いだめ?がはじまっていたことを。 しかも、花粉症の私。 この時期、Boxティッシュは …

キューバ式トイレトレーニングと インスタントラーメン

キューバ式トイレトレーニング 我が息子、ただ今トイレトレーニング中です。 トレーニングをはじめるにあたって、母親や子育ての先輩から、お漏らしは生理現象だから絶対に叱ってはいけないと何度も言われた。 なるほどと思いながら、トレーニング開始。 ところで、キューバのトイレトレーニングはどうなんだろう?と思い、彼に聞いてみた。 …

路上文化とちょっとしたエコ

Feliz 2020 まずは、ちょっとしたエコの話しを。 物不足のキューバ、サランラップは一般家庭では使わない。 では、私たちだったらラップを使いたいなぁという場面でどうするのか。 お皿で蓋をする! 彼が料理をするのをみていて、気がついたことだった。 たとえば、切った野菜をボールに入れてお皿で蓋をする。 私も最近は真似 …

オシャレと身だしなみ

私の彼は小さい頃から、いつも身なりは清潔にしているように、パパママから言われていたらしい。   とても丁寧に歯を磨く。 これは、彼に限ったことではない。   キューバに行くと、暑い中、みんな汗もかかずに さらりとしているようにみえる。 顔から、汗をダラダラ流しているのは自分だけのような気がして、時々 …

キューバに反抗期はない!?

うちの子は、2歳。 絶賛イヤイヤ期中。 日本では、イヤイヤ期と反抗期は成長の過程、この時期を通過して成長していくと位置づけられている。 なので、ある程度のことは仕方がないのかなと思っていたけれど、どうやらキューバ は違うらしい。 (あくまでも、主人が言うことだけれど。。。)   イヤイヤの中でも、反抗的な態度 …

先生と私と病院

私は、妊娠5カ月までキューバにいた。 キューバは、基本医療費は無料! それまでにも、何度か無料の診療を受けたが、設備などに安心感が得られる外国人向けの病院へ通った。   担当の先生は、女医さん2人。 2人ともいつも笑顔で診察室に迎え入れてくれて、 「こんにちは、夏子。 調子はどう?」 からはじまり、私の顔を、 …

キューバ風

今日もキューバ風小話をふたつ。 ①分けあう 政治的背景などなどから、キューバは万年物不足。 そして、多くの人が少ない給料で生活している。 だからか、人々の間には助け合う、分けあう、貸し合う文化が自然に根づいているような気がする。   主人が日本で働きはじめた頃、会社で出たおやつが美味しかったからと、半分持って …

やっぱりここ!マレコン

キューバの首都ハバナには、海岸沿いに伸びる歩道がある。 その名もマレコン。 この歩道がとにかく楽しい! 夕暮れ時から、人々が集まってくる。 週末の夜は、夜中の2時を過ぎても賑わっている。 (夕暮れ時のマレコン) (マレコンで練習するミュージシャン)   キューバの家庭は、クーラーがない家が多い。 夕涼みをかね …

皆んな踊る

暑さが激しくなってきた日本。 この日ざしには、キューバの音楽が 似合う。。。とついつい思ってしまう。   ライブ、コンサートがとても 多いキューバ。 街中に音楽が溢れている。 サルサ、ソン、レゲトン。。。 当然、ミュージシャンも多い。 そして、音楽あってのダンス。 ダンサーも多い。 ダンサーではない普通の人達 …

PRbnr